ジャスパー・ジョーンズ|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

ジャスパー・ジョーンズ

ジャスパー・ジョーンズ

1930年〜現在に至る。
アメリカ・ジョージア州に生まれる。1947年にサウスカロライナ州立大学で美術を専攻する。1952年にロバート・ラウシェンバーグに出会い、一緒にティファニーなどのウィンドー・ディスプレーの仕事をする。1954年にニューヨークへ移り、初めて旗の絵を描く。1955年には代表作である標的と数字が主要なテーマとなる。1958年にレオ・カステリ画廊で初個展を開催する。1977年にニューヨーク・ホイットニー美術館で回顧展を開催し、日本を巡回する。1985年に『四季』と題した版画シリーズの制作を始める。1988年に第43回ヴェネツィア・ビエンナーレにアメリカ代表作家として出品し、国際大賞を受賞する。1993年に高松宮殿下記念世界文化賞・絵画部門で受賞する。

買取ポイント

ジャスパー・ジョーンズの作風

1950年代後半から日常的にありふれた物のイメージを用いて当時主流であった抽象表現主義に挑みました。抽象表現主義が主流であったアメリカ美術界の流れを大きく変えた人物ではないでしょうか。
1954年から描かれた【旗】が歴史の転換点となった作品ではないでしょうか。星条旗をフラットに正確に再現され、ポップアートの流れを作り出しました。日常的なイメージや大衆文化の要素を取り込み、当時芸術とは言い難いモチーフを純粋芸術と同じ場所まで引き上げたことで評価されています。他には【数字】や【標的】などが代表的なモチーフで、一度は見かけたことがあるくらい有名でしょう。

ジャスパー・ジョーンズの現在の評価と価値

2006年に『出足の遅れ』が存命中のアーティストの中で過去最高額の8000万ドルで落札され、商業的にも非常に成功した作家です。一級品の多くは世界の主要美術館や有名コレクターが所有しているため、なかなか出回らないでしょう。特に日本国内で流通する作品の多くは版画作品ではないでしょうか。

しかしながら、版画だとしても侮れません。作品によっては数百万単位の買取となり、連作などは1000万円を超えるケースもあります。ボリュームゾーンは数十万円台となりますが、ジャスパー・ジョーンズの人気の高さがうかがえます。現存作家のため評価が安定しているとは言えませんが、問い合わせ時点での市場評価をもとに、買取金額をご提案させていただきます。

ジャスパー・ジョーンズの版画作品のご売却をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

版画の買取について詳しくみる

PageTop