ジャン・デュビュッフェ|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

ジャン・デュビュッフェの版画の買取価格とポイント

ジャン・デュビュッフェ

1901年〜1985年 物故作家。
フランス生まれ。1918年にパリのアカデミー・ジュリアンで学び始めるが、自分自身の絵を描くために半年で辞める。1924年には父のワイン造りを手伝うために画業を中断する。1933年から1937年にかけて美術の世界に復帰し、あやつり人形を制作する。1944年頃からアール・ブリュットの収集を始める。1948年にアール・ブリュットキャンペーンを始め、精神疾患者の作品の展覧会を開催する。1950年から51年にかけて落書きから着想を得た『ご婦人の体』シリーズを制作する。1981年にニューヨークのグッゲンハイム美術館、パリのポンピドゥーセンターで回顧展を開催する。「アンフォルメル」というフランス抽象絵画の新たな考えを提唱した代表的な作家として有名。

買取ポイント

ジャン・デュビュッフェの作風

ジャン・デュビュッフェは戦後ヨーロッパを代表する作家のひとりです。二度の世界大戦により、才能がある多数の芸術家は安全と自由を求めてアメリカへ渡り、芸術の覇権がアメリカに移る転換点でした。戦争という人間の大きな過ちから、過去に人々が作り出した芸術から離れて、新たな可能性を模索していた時期ではないでしょうか。そのような状況下でジャン・デュビュッフェはアール・ブリュット運動(精神疾患者などの無垢で純粋な作品こそ高い芸術性が宿るであろうというコンセプト)を展開し、自身も子どもの様な無垢で粗野な作品を追い求めました。

ジャン・デュビュッフェの作風は具象とも抽象とも言い難く、技術という側面から見ると正統な芸術家が描いた作品には見えません。作品には草、土、落書きのような文字等、意味をなさない不確定なモノを集めて単純な様式に仕上げられています。既存の芸術を破壊して挑戦しようとする取り組みは高い評価を受けていました。

ジャン・デュビュッフェの現在の評価と価値

没後30年以上経過した現在でも需要が残る作家のひとりで、美術史にも大きな足跡を残しています。ジャン・デュビュッフェの作品は国内の流通用はそれほど多くはありません。少ない流通量の中でも多くを占めるのは版画作品です。
リトグラフやシルクスクリーンで制作され、買取金額は具体的な作品にもよりますが、数万円台から数十万円台と様々です。
ヨーロッパ若しくはアメリカでの評価を参考にして、買取金額をご提案させていただきます。ジャン・デュビュッフェの版画作品のご売却をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

版画の買取について詳しくみる

PageTop