ジェフ・クーンズ|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

ジェフ・クーンズ

ジェフ・クーンズ

1955年〜現在に至る。
アメリカ・ペンシルベニア州生まれ。シカゴ美術館附属学校卒業後、メリーランド美術大学大学院を修了する。1963年頃はオールド・マスターの絵画を模写、署名して販売。1972年〜76年にボルティモアのメリーランド美術大学インスティテュートに入学する。1977年にニューヨークに移る。1980年〜86年にウォール街で商品仲買人として働く。1992年にカッセルの展覧会でインスタレーションをする。1998年にマイケル・ジャクソンとバブルズ(ペットのチンパンジー)の彫刻を制作する。2002年にフランスのレジオン・ドヌール勲章を叙勲される。
2008年にヴェルサイユ宮殿で回顧展が行われ、バロック宮殿とその作品との取り合わせに批判が起こる。また2014年に行われたホイットニー美術館で開催された回顧展では、当時同館過去最多の動員数を記録する。

買取ポイント

ジェフ・クーンズの作風

キッチュというポストモダニストの王様と呼ばれ、絵画と立体オブジェのデザイナーとして商業的に成功しました。ニューヨークにあるスタジオ、ジェフ・クーンズ・プロダクション社には大集団の助手が働いています。
初期の作品はパースペックス(透明プラスチック)製の箱に入った過程の美品という位置づけで、安価なビニール玩具の花やウサギを並置したレディメイドのシリーズ「空気ビニール玩具」や、大量生産される新型掃除機をディスプレーしたシリーズ「ザ・ニュー」などを生み出しました。
その後80年代後半より、ウサギのバルーン・アートをはじめ大量生産品や著名人のポートレイトをステンレススチールで再現して時代の寵児となりました。

ジェフ・クーンズの現在の評価と価値

作風への賛否両論やゴシップ、スキャンダラスなイメージも、クーンズの代名詞的なイメージとなり、高い認知度を誇っています。
2019年5月15日にクリスティーズ・ニューヨークで開催された戦後・現代美術セールで、ジェフ・クーンズの《ラビット》が9107万5000ドル(約100億円)で落札され、昨年デイヴィッド・ホックニーが記録した、現存アーティストのオークションにおける過去最高額を更新しました。1986年に制作された3つのエディションのうちの2番目の作品で、バルーン・アニマルのような処理を施した金属性の彫刻です。

国内で流通している作品はウサギや犬のバルーン・アートをフィギアにした作品ではないでしょうか。ご売却をご検討の際はお気軽にご相談下さい。

版画の買取について詳しくみる

PageTop