ジュリアン・オピー|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

ジュリアン・オピーの絵画・版画の買取価格とポイント

オピー

1958年〜現在に至る。
ロンドンで生まれ。1978年からチェルシー・スクール・オブ・アートで学び、翌年からはゴールドスミス・カレッジで学ぶ。1983年にリッソン・ギャラリーで初めての個展を開催する。1990年にプリティッシュ・アート・ショー90に出品する。1991年に名古屋コオジオ・ギャラリーで個展を開催する。1993年にロンドンのヘイワード・ギャラリーで大規模回顧展を開催する。同年、ヴェネツィア・ビエンナーレに参加する。
デビューしてすぐの1980年代より批評性と独特のユーモアがヨーロッパで注目される。ニューヨーク近代美術館、大英博物館、テートギャラリー、ステデリック美術館など世界の主要な美術館に作品が収蔵されており、日本では東京国立近代美術館、国立国際美術館等にコレクションされる。

買取ポイント

ジュリアン・オピーの作風

作品の特徴は風景や人物など、アートにおける主要なモチーフを簡略化し、最低限の要素で構成、表現していることではないでしょうか。
平面作品において人物は黒く太い線で縁取られ、ピックアップした人物の顔では目は小さな黒い点で描かれています。写実的絵画とは一線を画すカジュアルかつ洗練された構図で、モデルの強いキャラクター性や、鮮やかでくっきりした色彩も大きな特徴のひとつです。精密に描かないことにより対象物の個性がより際立つ良い一例でしょう。
その斬新かつキャッチーな表現様式は、アート界のみならず広義のカルチャーシーンで大きな支持を集め続けています。

ジュリアン・オピーの現在の評価と価値

活動の場は美術界のみに留まらず、イギリスのバンドであるブラーのベスト盤『ザ・ベスト・オブ』のジャケットデザインを手掛けたことも有名です。また、日本美術にも造詣が深く、広重や歌麿などの浮世絵の収集家である事で知られています。
ジュリアン・オピーの作品は絵画の形式に捕らわれることなく、立体でも表現され従来のジャンル分から超越した斬新なスタイルが印象的ですが、国内に流通する作品の多くは【版画】ではないでしょうか。

サイズ・モチーフ・色合い・限定部数の記載やサインの有無等細かい点をあげるとキリがないですが、買取金額は数万円台から100万円以上と様々です。
注目の作家のため今後相場の変動がある可能性もありますが、買取時の相場をもとに精一杯の金額をご提案させていただきます。ご売却をご検討の際はお気軽にご相談ください。

版画の買取について詳しくみる

PageTop