ポール・デルヴォー|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

ポール・デルヴォー

ポール・デルヴォー

1897年〜1994年 物故作家。
リエージュ州アンテイトに生まれる。ブリュッセルの王立美術アカデミーの建築学科で学ぶ。次第に建築の勉強よりも絵画を描く事を優先させる1924年に卒業し、後期印象派のグループ「ル・シオン」の展覧会に出品する。1936年にブリュッセルで個展を開催する。翌年にはシュザンヌ・ピュルナルと結婚する。1944年に占領下のブリュッセルを逃れ、郊外に移る。戦後、1950年にブリュッセルの国立美術建築学校の絵画部門の教授に任命され、1962年まで教鞭をとる。1961年に日本国際美術展の特別展示『ベルギー絵画の10年展』に出品する。1965年にベルギーの王立美術学校の美術部門の長に任命される。1973年にオランダのレンブラント賞を受賞する。76年にはフランス政府からレジオン・ドヌール勲章が授与される。1982年にデルヴォー美術館が開館する。

買取ポイント

ポール・デルヴォーの作風

ベルギー出身のシュルレアリストとして有名です。初期は印象派的な様式で作品を制作していましたが、シュルレアリスト作家のキリコやマグリットに影響を受けてデルヴォーらしい作品へ移行しました。1940年代の初めに描かれた作品が最も評価され、晩年に向かうにつれて同じテーマやモチーフの繰り返しが多いと指摘されています。シュルレアリスト特有の独特な世界観に、少しエロティックな要素が印象的で、このようなヌード作品が市場に受け入れられています。
デルヴォーが生み出した作品は彼の感情が現れ、優雅な色彩と一体となった雰囲気は鑑賞者に強く訴えかけるものがあります。

ポール・デルヴォーの現在の評価と価値

没後20年以上経過していますが、シュルレアリスト作家の一員として人気が高い作家です。作風の所で述べさせていただきましたが、エロティックなヌード作品が良いとされ、シンプルな構図よりも多数のモチーフが複雑に組み合わされた作品が高価格帯につながります。
国内で流通している作品の多くは版画で制作されたものです。油絵などの原画作品は非常に少ないと言えるでしょう。
版画作品の買取金額は数万円台から10万円以上と様々で、図柄も重要ですがサイズが大きいほど評価が高くなる傾向です。ポール・デルヴォーの版画作品の売却をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

版画の買取について詳しくみる

ポール・デルヴォーの代表作品

作品 リトグラフ

■作品(リトグラフ)

帽子 リトグラフ

■帽子(リトグラフ)

アンヌ リトグラフ

■アンヌ(リトグラフ)

PageTop