ロバート・ハインデル|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

版画作家 ロバート・ハインデル

ハインデル

1938年〜2005年 物故作家。
アメリカ・オハイオ州生まれ。1962年にデトロイトへ移住しアートスタジオに就職する。独学で絵画を修行する。1963年に偶然手に入れたチケットで観賞したイギリスロイヤル・バレエ団のショーに感銘を受け、ダンスおよびダンサーの躍動感を表現するために筆を取ることを決意する。1968年にコネチカット州に移住、『TIME』や『PLAYBOY』などの雑誌へイラストを寄稿する。1978年にダンスをモチーフとした初の個展を開催する。1982年、ダラスバレエ団を題材にした作品が、全米イラストレーション協会よりハミルトンキング賞を受賞する。美術専門誌『ギャラリー・インターナショナル』では「現代のドガ」と称される。1986年にミュージカル『キャッツ (ミュージカル)』『オペラ座の怪人』を描き話題となる。息子は画家のトッド・ハインデル。

買取ポイント

ロバート・ハインデルといえば、<バレエ>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。<現代のドガ>と称されたハインデルは、近代バレエ画家の代表格です。同じモチーフを書き続けることにより、リアルな動きや細部の描写などをうまく表現できています。2000年代初頭に英国ロイヤルバレエ団に在籍していた吉田都や熊川哲也を描くなど日本にも縁がありました。2018年には生誕80周年記念の特別展が開催されました。日本のコレクターに与えた影響力の高さを感じました。
ハインデルの作品は技法により買取査定額が異なりますので順に見ていきましょう。

@ 原画(油絵・水彩)
キャンバスに油絵や紙に水彩で描いた直筆作品です。市場ではそこまで活発に取引されておらず、日本国内に作品数が少ないのかなと思います。バレリーナが描かれていると評価が高く、具体的な金額は作品の大きさや構図により決定します。近年のマーケットを考慮すると、油絵作品に関しては30万〜80万円前後での買取が多い印象です。水彩画に関しても様々な条件次第ですが30万円以下の査定額になるかと思います。鑑定書等は必要ありませんので、お気軽にご相談ください。

A 版画
市場に出回っている作品の多くはこちらの版画になります。版画作品の多くは直筆サインが入っていますが、中にはエンボスサインもあります。
作品の評価は原画と同様で、バレリーナが描かれているかが重要です。モノトーンで構成されている作品もありますが、色付きの方が金額を付けやすいです。買取査定額は1万〜10万円前後と幅があります。版画に関してはシミ等のダメージが出ている事があり、程度により評価が下がります。


版画の買取について詳しくみる

ロバート・ハインデルの作品

Miyako at Reheasal

■Miyako at Reheasal(版画)
世界的バレリーナの吉田都を描いた作品です。

リハーサルスタジオ

■リハーサルスタジオ(版画)
ハインデルはバレリーナの練習風景を作品としました。華やかな表舞台ではなく、裏側に隠れた努力を美しく表現しています。

レッドコスチューム

■レッドコスチューム(版画)
躍動感満載の作品です。あえて背景を描かないことによって、主題の印象が際立ち洗練された印象を鑑賞者に与えます。

PageTop