サム・フランシス|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

サム・フランシス

サム・フランシス

1923年〜1994年
カリフォルニア州サンマテオ生まれ。1941年にカリフォルニア大学バークレイ校に入学する。第二次世界大戦中に飛行訓練中の事故によって入院していた時に絵を描き始める。1948年に大学に復学し、1950年にパリへ渡りアカデミー・フェルナン・レジェで美術を学ぶ1957年に日本に滞在する。1962年から版画作品の制作を始める。アンフォルメルや抽象表現主義の流れを汲む色彩画家である。

買取ポイント

サム・フランシスの作風について
1950年代は白を基調とした作品で評価されましたが、次第に色を多用した作風に変わります。1957年に世界旅行中に日本を訪れ、この頃から作風が変遷して日本美術に影響を受けたとされています。余白を生かした画面構成やにじみの効果を生かした表現方法などです。以後、ニューヨーク、パリのほかに東京にもアトリエを持ち、勅使河原蒼風、大江健三郎、小山富士夫と交流があった事でも知られています。

ブルーやレッドを中心に原色で構成されたアクションペインティング的な様式が印象的ですが、サム・フランシスの作品には余白があります。大胆に空間を残すことにより、侘び寂の考え方と通ずる未完成・非対称の美を表しています。

サム・フランシスの買取金額について
日本国内に流通している多くの作品は「版画」となりますので、版画の評価のみ紹介させていただきます。リトグラフや銅版画などの技法により制作されて、比較的サイズが大きい作品が多いです。

現在の市場評価を考慮すると数万円〜20万円前後の買取価格になる作品が多いですが、50万〜100万円前後の査定額になる作品もあります

制作されてから25年以上経過していますのでコンディションには注意が必要です。
最終的には現物を拝見する必要がありますが、電話やLINEなどで簡易査定可能ですのでお気軽にご相談ください。


版画の買取について詳しくみる

サム・フランシスの作品

PageTop