KPMベルリン|西洋アンティーク買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

KPMベルリン

KPMベルリン

KPMベルリン(ベルリン王立磁器製陶所)
1763年ドイツ史上最も傑出した統治者といわれるプロイセン王国の王、フリードリヒ2世御自ら創立したドイツの陶磁器メーカーである。
当時七年戦争でアウグスト3世が統治するザクセンを攻略したことで、マイセンから陶工を引き抜いて開窯した。即位前の称号であるブランデンブルグ選定候の紋章「王の笏」をロゴとしている。
国王でありながら経営者でもあったフリードリヒ2世はこのブランドを大変愛用し、諸外国の王侯貴族への贈呈品から自身の持ち物までそろえたという。そして多くの職人を救済し、労働状況を改善させた功績から国民からの支持も高かった。
第二次世界大戦では工房が全焼するという事態になるも、フリードリヒ2世が愛した「KPMベルリン」の歴史を絶やさぬよう職人たちが集結し、1957年に事業が再スタートした。現在も手作業による手描き製法は守られている。また、250年以上の老舗の窯でありながら、時代に柔軟に対応し、幅広い活動で時代の先端を走り続けている。近年では有名ブランドとのコラボレーションし、高級車メーカーのブガッティとともにプロジェクトチームを作り、ロゴなど車内の一部にKPMベルリンの磁器を埋め込むなど、唯一無二の製品を生み出している。

買取ポイント

KPMベルリンの作風

200年を超える長い歴史を持つ磁器メーカーで、写実的に描かれた陶板作品が高い人気を誇っています。宗教画や肖像画などを描いた作品が多い印象です。他にも皿や花入れなどのテーブルウェアも制作していますが、美術品と言う観点から見ると陶板作品が代表的ではないでしょうか。様々なシリーズで有名ですが、代表的なものだけ紹介させていただきます。

【ロカイユ】
ロココ調の優雅なデザインです。

【ノイツィーラット】
花柄の上品なデザイン。このシリーズに使用される青はフリードリヒ2世が好んだ色とされています。

【クアランド】
リボンカーテンのレリーフが特徴。花の模様が1点1点異なる為、世界にたった一つの味わいを堪能できるシリーズとして多くの支持を集めています。

KPMベルリンの現在の評価と価値

陶板画というジャンルでは最も有名ではないでしょうか。ヨーロッパ圏だけではなく世界中に多くのファンを作りました。特にバブル期前後には日本国内に数多くの作品が輸入され、マイセンやガレ等と同様に高価格帯で売買されていました。全盛期に比べると落ち着いた価格帯となりますが、現在でも需要がある作品です。
買取金額は数千円台から数十万円台と様々ですが、高価買取できる作品の多くは陶板画となります。テーブルウェア関連は陶板画と比べると厳しい評価になるかもしれません。
KPMベルリンのご売却をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

西洋アンティークの買取について詳しくみる

KPMベルリン

  • KPM

  • KPM

  • KPM

PageTop