東京都大田区の美術品買取専門店ブログ | 美術品買取専門店なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

BLOG

2019年12月05日 [陶磁器 骨董 買取]

有田焼の巨匠!柿右衛門と今右衛門の買取時にプロが見るポイント!

美術品買取専門店 獏 の小林です。
ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は有田焼が誇る有名作家の柿右衛門と今右衛門について買取の際、プロがどこを見て判断しているか書いていたいと思います。
もし、柿右衛門と今右衛門の作品をお持ちでしたら売却時に参考になると思いますので是非ご覧ください。
二作家の素晴らしさはいろいろなサイトで語られておりますので、実務的な話のみとさせていただきます。

酒井田柿右衛門(サカイダ カキエモン) ・今泉今右衛門(イマイズミ イマエモン)は新作陶器の中でもよくお問合せをいただきます。

ご存じの通り、両社とも人間国宝(重要無形文化財)であり有田焼特有の白地に色絵を施した美しい作品です。
個人的には、柿右衛門は伝統的な作風を維持し、今右衛門は薄墨・吹墨のような新たな表現方法を開拓している印象です。
柿右衛門の当代は15代目で、市場によく出てくるのは13〜14代目の作品が多い印象です。
今右衛門の当代は14代目で、市場によく出てくるのは12〜14代目の作品が多い印象です。

非常に簡単な説明ですが、名前だけは美術品に詳しくない方でも耳にしたことはあるのではないかと思います。

耳にしたことがあるのは作家自身が有名というのもありますが、市場に出回っている作品数の多さも大きな理由ではないかと思います。
どういうことかというと、すべての作品が本人の作品というわけではなく、工房で作られて作品があるため一般的な作家と比べて市場に多く出回っております。

正しく価値を評価するためにはこの部分を見極める必要があります。

まずは柿右衛門作品です。
大前提ですが新作陶器といわれる比較的近代の日本の陶芸作品には<共箱>という作家自身のサイン・タイトルを記した木箱がセットになります。
作品だけではなく、共箱からも判断できますので作品しか見当たらない方は探してみてください。共箱が無いと市場評価が著しく落ちるので要注意です。※例外あり

工房の作品は、共箱に<>という文字があり、作品の底を見ると青い文字で<柿右衛門>と描いてあります。
一方、本人の作品は、共箱に<濁手>という文字があり、作品の底には銘はありません。
また、両作品とも白地に絵付けされていますが、白地の見え方が微妙に異なります。
もし、デパートの催事場などで見かける機会がありましたら比べてみてください。

柿右衛門 箱

次は今右衛門作品です。
工房の作品は、作品の底に染付で<今右衛門>と描かれており、本人作は引っ掻いて<今右衛門>とあります。
本人作は柿右衛門のように銘が無いように見えますが、染付ではない銘がありますのでよく見てみてください。

上記のような判断は作品により0が1つも2つも違ってきますので、お問合せいただく時の判断に使ってみてください。
画像で見比べると分かりやすいですね。

柿
柿サイン
※左が今右衛門で右が柿右衛門です

以上、紹介したのは買取価格を決めるうえでの一つの要因です。
作品の景色、大きさ、種類により金額は大幅に変わってきます。

柿右衛門・今右衛門の整理・処分をお考えの方。
陶磁器を相続・遺贈で取得したけど、整理・処分をお考えの方。

東京都大田区で美術品の買取を行っている美術品買取専門店 獏へお任せください。
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県で無料の出張買取を行っておりますので、是非ご利用ください。


PageTop