美術品買取専門店なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

3つの買取方法

絵画・美術品の買取には3つの方法があり、お客様のご都合に合わせてお選びいただけます。
作品の点数が多いなどの場合は無料の出張買取をおススメしております。是非、お問い合わせください。

無料出張買取

店頭買取

宅配・郵送買取

美術品はご自身で購入したものでない場合、作品の詳細もわからないことがほとんどです。そのようなお客様は多くいらっしゃいますし、弊社査定担当者は豊富な知識を持っておりますので、安心してお問い合わせください。「よくわからないのでとりあえず見てほしい」というお問い合わせも大歓迎です。

はじめての方へ

買取品目

絵画・美術品の中でも、当社では以下の品目を特に強化買取しております。
一般的に「美術品」と呼ばれるものにも様々なジャンルがあります。当社では自信を持ってご提案し続けることができるジャンルのみを厳選し、知識の維持・向上に日々努めておりますので、安心してお問い合わせください。

油絵・洋画

日本画

版画

新作陶磁器

茶道具

骨董・美術品

3つの査定方法

絵画・美術品の査定は、当社では3つの方法をご用意しております。
お急ぎの場合や相続・贈与などで作品の詳細が分からない場合は、電話でのお問い合わせがおススメです。
忙しくて日中電話できない方や作品や資料の画像をお持ちの方はメール・LINEでのお問い合わせをお待ちしております。
電話査定

電話査定

作品の詳細がわからない方や、早急に価値が知りたい方には最適です。
※場合によっては画像送付をお願いすることがあります。

詳細情報

メール査定

メール査定

作品の画像をメールに添付してお送りください。より正確な買取金額をご提示できます。画像が撮れない場合でもお気軽にお問合せください。

詳細情報

LINE査定

LINE査定

作品の画像をLINEでお送りください。より正確な買取金額をご提示できます。画像が撮れない場合でもお気軽にお問合せください。

詳細情報

簡易見積書

簡易見積書【無料】
絵画・美術品を売る前に、簡易的な見積書の作成も承っております。
具体的な金額を基に、ご家族と相談されたい場合等にご利用ください。
詳細情報

お客様への3つの約束

最短訪問

出張は無料!迅速な訪問が可能です

出張買取のエリアは東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県です。
東京都大田区に店舗を構えておりますので、近隣の品川区・目黒区・港区・中央区・世田谷区・川崎市・横浜市エリアは特に迅速な訪問が可能です。
売却するタイミングは「売りたいな」と思った時がベストです。お住いの場所次第ですが、午前中に連絡いただければ、当日対応も可能です。お仕事などで忙しい方は夜の時間も対応していますのでお気軽にご相談ください。

確かな査定

他店に負けない査定金額を実現!

査定時点の美術品相場を基に、適切で公正な買取価格をお客様にご提示します。
作品ごとに適した販路を持っているため高価買取が可能となります。ダメージが出ていると査定額が大幅に下げる業者もいますが、当社では修復の可否も考慮して最大限の査定額を提案させていただきます。
当然ですが、査定額が決定する理由もしっかりとご説明させていただきます。納得できる売却のお手伝いをさせていただきます。

安心対応

弊社からの営業連絡は一切行いません!

当社では常に『査定時点、最高評価での買取金額』をご提案させていただいております。
但し、お客様の大切な美術品を整理するには時間が必要だと理解しており、業者からの連絡により焦ってご判断いただきたくはありませんので、金額ご提示後の連絡は控えさせていただきます。査定に呼んだからには売らなくてはいけない…ということは一切ございません。
出張買取の際はクーリングオフ制度も適用しておりますので安心してご利用ください。

買取までの流れ

絵画・版画・陶磁器等の美術品の買取は専門家にお任せください!
お客様の思いを尊重した丁寧な査定。面倒な手続きは一切ありません。売却までの流れをご確認ください。
金額にご納得いただけず買取に至らない場合も代金はかかりませんので、お気軽にお問合せください。

買取までの流れ

space
新着情報
[最新のお知らせ]
2020.07.09
八十吉 壷九谷焼を代表とする人間国宝と言えば、この作家ではないでしょうか。
三代目・徳田八十吉(トクダ ヤソキチ)です。今回お譲りいただいた方は石川県出身のため、八十吉以外にも浅蔵五十吉(アサクラ イソキチ)や三ツ井為吉(ミツイ タメキチ)などを所有され、統一感があるコレクション傾向でした。


絵付けが特徴的な九谷焼の中でも三代目・八十吉は一線を画す表現様式を編み出しました。
青地にイエローやグリーンでグラデーションを付けた上品な作品で、時代に名前を残しました。残念ながら三代目は2009年に逝去しましたが、現在は徳田順子さんが四代目・八十吉を襲名して八十吉の名前を残しています。

今回買取させていただいた作品は鶴首の小ぶりな花入れですが、しっかりと査定させていただきました。ブルーのグラデーションが上品ですが、グリーンなどの色も表現されていると更に高価買取できます。

絵画作品はサイズが大きすぎるとマイナス評価になる場合もありますが、陶芸作品の多くはサイズと買取価格は比例する傾向です。
リンゴ型の花入れや大皿などは積極的に買取を行っていますので、お気軽にご相談ください

2020.07.08
立川広己埼玉県で立川広己(タチカワ ヒロミ)の絵画を買取しました!

1949年に東京都品川区生まれの洋画家で、現在も主要百貨店や有名ギャラリーで取り扱いがある人気作家です。薔薇やミモザを描いた作品が代表的なモチーフで、今回お譲りいただいた作品も真っ赤な色合いで構成されています。SM〜6号ほどのサイズはよく見かけますが、今回の作品は10号あり、非常に迫力があります。

油絵に関してはサイズが大きくなるほど評価額が上がる傾向ですが、あまりにもサイズが大きいと一般的な住宅では飾りにくいです。10号(描かれている部分の長い方が約50cm)サイズはご家庭でも飾りやすく、迫力もある丁度良いサイズではないでしょうか。

作品の構図・大きさ・コンディションを加味して評価させていただきます。是非、お気軽にご相談ください。

2020.07.07
藤田嗣治 若い女性埼玉県のお客様より藤田嗣治のリトグラフをお譲りいただきました。
藤田嗣治はフランスで最も有名な日本人画家と言っても過言ではありません。美術館でも定期的に展覧会が開催され、近年は映画化もされた著名作家です。藤田嗣治に関する書籍は現在でも出版され、丸眼鏡におかっぱ頭の見た目が印象的で一度見たら忘れない強烈なキャラクターです。簡単に語りつくせない伝説的な人物ですので、買取した絵画作品を紹介します。

今回買取させていただいた絵画作品は1964年に制作された【若い女性】です。リトグラフという版画技法で制作された作品で、藤田が得意とするモチーフのひとつです。
猫を描いた作品も非常に高い人気を誇っていますが、透明感がある女性を描いたモチーフも定評があります。

藤田嗣治は1968年に逝去したため、1964年は最晩年に制作された絵画作品です。藤田嗣治のメインは乳白色の油絵ですが、リトグラフで表現された版画作品も独特な趣があります。シンプルな輪郭線が上品さを演出しています。

美術品に携わる立場としては、半世紀以上に制作された作品を取り扱える幸せは画商冥利につきます。作品を流通させることにより希少な文化を守っていきたいです。

藤田嗣治は油絵・水彩・版画など、多くの作品を残しています。版画以外でも積極的に買取を行っていますので、お気軽にご相談ください。

全て表示
BLOG
[最近の記事]
2020/07/07
マイセンは大きく分けて2種類|オールドマイセンと現代マイセン ★はじめに世界的に認知度が高いドイツの磁器ブランドです。鮮やかな絵付けが特徴的で多くのコレクターを……続きを読む

2020/06/28
バカラは高級食器?いえ、美術品でしょう! ★はじめに【バカラ】はフランスのガラスブランドです。グラスが有名で、価格は1つ1万円くらい〜と、決……続きを読む

2020/06/27
スペインが生んだリヤドロの魅力と買取相場|姉妹ブランドNAOとの関係 ★はじめにリヤドロといえば、女性・子供・動物などのモチーフで制作されたフィギア(磁器人形)が有名で……続きを読む

2020/06/23
世界を股にかける日本人作家【草間彌生】|絵画買取店が紹介 ★はじめに草間彌生 作品はもちろん、作家自身の奇抜なビジュアルでも注目を集めている作家です。水玉……続きを読む

2020/06/22
ギンザシックスは買い物だけじゃない!極上のアートスペース ★はじめに用事があり銀座へ出かけた日のこと。久しぶりに「GINZA SIX」に行ってみました。今回……続きを読む

全て表示

PageTop