ブログ 株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

BLOG

絵画買取の買取相場は?絵画を相場より高く売るコツも解説

絵画


絵画買取の際、提示された価格の適正性を判断するのは詳しい知識がない限り困難です。絵画の大体の買取相場を事前に知っておくことが大切になります。絵画の買取相場を知っておけば、信頼できるお店かどうか判断することができます。


しかし、絵画の買取価格はさまざまな要因によって決定されるため、買取相場を具体的にだすのは難しいです。今回の記事では、絵画の買取相場の現実や買取価格を決める6つの要因などを詳しく解説します。


この記事で正しい情報と知識を知れば、ご自宅の絵画を売却するときの良い参考になるはずです。絵画を高く売るコツも、合わせて解説しているので是非ご覧ください。


絵画買取の買取相場はいくら?



絵画買取の買取相場は具体的な数字で表すのがとても困難です。絵画の価値は、その時々によって変動するため決められた値段がありません。いわゆる、「時価」なのです。

絵画の買取価格は、大きく6つの要因によって決定されます。特に、流通量・売却時期・世界経済は、査定時の周囲の状況が関わるもので判断が難しいです。

・作家名
・年代 
・絵画のジャンル
・流通量
・売却時期
・世界経済

査定時の状況を正しく理解し適切な価格をつけられる人物にみてもらうことが重要です。株式会社獏では、最新の買取相場を踏まえた上で適切な価格を提示します。提示された買取価格の理由も、説明があるので納得いくまでご相談可能です。


相場より価値がつきやすい絵画の特徴


絵画の価値

相場より価値がつきやすい絵画には、大きく3つ特徴があります。

・作家の知名度が高い
・希少価値が高い
・需要と供給のバランス

絵画は、「誰が」描いたかによって価値が変動します。作家の知名度が高く、有名であれば一般的な相場よりも価値がつきやすいです。また、絵画は希少価値が高いほど自然と価値も上がります。1点物など希少価値が高いほど、高額な買取価格がつく可能性が高いです。

さらに、相場より価値がつきやすい絵画には「需要と供給」も大きく関係します。1枚の絵画を求める人数や提示できる金額など、需要の高さは絵画自体の価値に影響を与えるものです。


高い値段で売れる絵画の種類



絵画の中でも、日本画や油彩画は一般的に高値で売れられるのが多いです。これらは、高価な材料が使われて描かれることが多く、耐久性に優れているためです。

しかし、例え日本画や油彩画であっても保存状態が悪ければ高値は期待できません。ご自宅の絵画の状態を、是非ご確認ください。

絵画の買取価格を決める要因



買取交渉

絵画の買取価格を決めるときは、大きく次の7つの要因が深く関係しています。

・作家名
・年代 
・絵画のジャンル
・流通量
・売却時期
・世界経済
・作家名


既に述べた通り、絵画は「誰が」描いたかによって価値が変動します。つまり、絵画の作家が有名(ゴッホやピカソなど)であればあるほど、その作品の価値は上がり買取価格も高値が期待できます。しかし、逆をいえば、無名作家が描いた作品の高値買取はあまり期待できません。買取価格が必ずしも低いとはいえませんが、高値での買取は望みは薄いです。

年代



絵画の買取価格は、描かれた「年代」にも影響を受けます。描かれた年代が昔であれば、当然希少価値は上がって買取価格も高値が期待されます。

また、描かれた年代は「希少性」にも関係します。年代が昔で絵画の数が少ないほど、希少性は高くなり価値も上がります。年代の古い絵画の場合、保存状態がとても重要です。保存状態が良好であれば買取価格も高値が期待されるので、確認が必須です。


絵画のジャンル



絵画には、日本画や洋画、中国絵画など沢山のジャンルが存在します。「需要と供給のバランス」が関係し、人気があって需要の高いジャンルであれば買取価格では高値が期待されるのです。

株式会社獏では、絵画や新作陶磁器、骨董・古美術などの品目に絞り鑑定を行っています。品目を限定することで、1つ1つのジャンルに特化し専門的な知識や情報を踏まえた鑑定が可能です。


流通量


絵画の買取価格を決める要因の4つ目は、「流通量」です。作家の作品数が少なく、出回っている作品数が少ないほど、絵画の価値は高くなって買取価格も高値になります。


売却時期



絵画の買取価格には、売却時期も大きく関わっています。絵画の価値は、その時々によって変わるためいつどのタイミングで売却するかがとても重要です。


しかし、普通の人が一番良い売却時期を的確に判断するのはかなり困難です。まずは、査定を依頼し買取価格をみて判断するのも1つの方法です。


世界経済



絵画の買取価格を決める要因の6つ目は、「世界経済」です。絵画の買取価格と世界経済は、一見関係なさそうにみえますが実は深い関わりをもちます。


全体的に世界経済が落ち込んで絵画が売れなくなれば、その価値は低くなります。結果、買取価格は下がり、高値での売却は期待できません。


絵画を買取で相場より高く売るコツは?



実は、絵画の買取には提示金額を相場よりも高くする2つのコツがあります。どちらの方法も、業者に依頼する前に実践するものです。絵画買取を依頼する業者選びにも、是非参考にください。


・鑑定士在籍の絵画買取店を選ぶ
・オンライン査定やライン査定が可能

鑑定士在籍


絵画を正しく評価し適切な買取価格をつけるには、豊富な知識や経験、見極める力をもつプロの存在が不可欠です。絵画買取を依頼するときは、鑑定士が在籍する絵画買取店を選んでください。知識も経験もない人物が、絵画を正しく評価するのはとても難しいです。適切な買取価格が提示できるとは考えにくく、誤った買取価格をだされてしまう恐れがあります。

鑑定士は、絵画に関して豊富な正しい知識と鑑定経験をもつプロです。絵画買取店を探すときは、公式サイト又はお問い合わせから「鑑定士在籍の有無」を確認してください。


オンライン査定やライン査定が可能



近年、オンライン・ライン査定を行う絵画買取店が増えています。絵画をお店に運ぶ必要がなくなり、移動時のトラブルに巻き込まれる心配がありません。

絵画は、とても繊細なものです。万が一、傷がつくと買取価格に悪影響を及ぼす恐れがあります。相場より少しでも高く売るためには、リスクを最小限におさえるのが大切です。

さらに、オンライン・ライン査定なら絵画を包装する準備と移動費の節約にもなります。絵画の安全が守られるのは勿論、査定に簡単・手軽に出せるのも大きな魅力です。


絵画買取なら株式会社獏がおすすめ


株式会社獏がおすすめなのには、以下3つの理由があります。

@査定・買取方法の選択肢が豊富
A買取品目を絞って適切な販路を確保したことで高価買取が可能
B豊富な買取実績

株式会社獏では、3つの査定方法を採用しています。

・電話査定
・メール査定
・LINE査定

査定方法が豊富で、自分の希望にあった方法が選択可能です。査定は無料なので、絵画の売却を迷われている方も気軽に申し込めます。


また、株式会社獏では取り扱う品目を限定することで、より専門性の高い鑑定力と作品に適した販路を実現しました。絵画や新作陶磁器、骨董・古美術など、取り扱い可能な商品では高価買取も十分可能です。


さらに、株式会社獏は豊富な買取実績がありその鑑定力も信頼におけます。「鑑定にだすような作品が分からない」と、依頼を迷われる方もまずは無料査定をお申し込みください。


まとめ



・絵画買取の買取相場は時価で、具体的な数字を出すのは難しい
・絵画の買取価格を決めるには6つの要因がある
・相場より高く売るなら鑑定士がいる店舗を選ぶべし

今回は、絵画の買取相場の現実や買取価格を決める6つの要因などを解説しました。


普通の人にとっては価値の低い絵画も、プロがみれば非常に価値がある作品の可能性も十分あります。ご自宅に不要な絵画がある方は、処分ではなく絵画買取店に査定を依頼してください。絵画買取の株式会社獏は、美術に関して確かな知識と鑑定経験をもつプロが即日査定します。慎重かつ迅速に行うため、売却経験のない方も安心してご利用可能です。



簡易見積書の作成を無料で行っておりますので、これを機にお気軽にご利用くださいませ。


PageTop