ブログ 株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

BLOG

【100万円説】絵画や美術品は減価償却できる?絵画の経費勘定項目や耐用年数について解説

絵画
減価償却とは、固定資産の費用をを各資産ごとに設定される使用可能期間(耐用年数)に応じて分散し計上する手続きのことをいいます。会計処理を行う際、大変重要な事柄で正確な知識を身につけるのが重要です。

そんな減価償却は、実は、絵画や美術品に関する対応が金額によって異なります。

しかし、絵画や美術品の減価償却は、基本ルールや内容が複雑です。減価償却に関する情報や知識がない方が、詳細を全て理解するのは容易ではありません。

また、美術品等の減価償却制度は改正が行われたため、2015年(平成27年)1月1日以後取得された美術品等の取り扱いには変更があり、最新の知識を身につけるのが大切です。

今回は、東京の絵画買取の株式会社獏が絵画や美術品の減価償却について徹底解説します。

この記事を読めば、お手持ちの絵画や美術品が減価償却できるかどうか判断する知識を得られるので是非ご覧ください。

絵画や美術品は減価償却できる?



今回は、絵画や美術品の減価償却の可否に関して徹底解説します。本記事は、減価償却制度改正後の内容を中心に記載する形です。

減価償却制度改正後の内容が適用されるのは、2015年(平成27年)1月1日以後取得された美術品等です。

原則:1点100万円未満なら減価償却が可能


絵画や美術品は、原則1点100万円未満である場合減価償却が可能です。

・1点100万円未満の絵画や美術品:原則減価償却が可能(減価償却資産)
・1点100万円以上の絵画や美術品:原則減価償却が不可能(非減価償却資産)

しかし、1点100万円未満の作品でも「時の経過により価値が減少しないことが明らかなもの」に関しては非減価償却資産、すなわち減価償却が不可能になります。

また、1点100万円以上の作品でも「時の経過により価値が減少することが明らかなもの」に関しては減価償却資産、すなわち減価償却が可能です。

「時の経過により価値が減少することが明らかなもの」は、下記条件を全て満たすものが考えられます。

@会館のロビーや葬祭場のホールのような不特定多数の者が利用する場所の装飾用や展示用(有料で公開するものを除く。)として取得されるものであること。
A移設することが困難で当該用途にのみ使用されることが明らかなものであること。
B他の用途に転用すると仮定した場合に、その設置状況や使用状況から見て美術品等としての市場価値が見込まれないものであること。

出典元:国税庁【美術品等についての減価償却資産の判定に関するFAQ-[Q2]】

例外:代替できない歴史的価値のあるものは不可能


絵画や美術品等で代替不可な歴史的価値または希少価値を有するものに関しては、減価償却には該当しません。「時の経過により価値が減少しない資産」であるためです。主に、下記作品等が該当します。

・古美術品
・古文書
・出土品
・遺物

絵画や美術品の耐用年数


耐用年数
今回は、絵画や美術品の耐用年数を解説します。

耐用年数とは、減価償却できる資産が利用できる年数です。耐用年数の設定は、美術品の構造や材質などによって判断されるため正確な情報を理解し手続きの際に生かしてください。

今回は、「室内装飾品」の場合に関する美術品の耐用年数を解説します。ご紹介する絵画や美術品の種類は、下記の通りです。

・金属類
・その他絵画など

その他減価償却資産の耐用年数に関しては、下記サイトから確認できます。
耐用年数表

美術品(金属類)


美術品(金属類)の耐用年数は、15年です。美術品(金属類)は、器具・備品項目の「室内装飾品-主として金属製のもの」に当てはまります。

美術品(その他絵画など)


美術品(その他絵画など)の耐用年数は、8年です。美術品(その他絵画など)は、器具・備品項目の「室内装飾品-その他のもの」に当てはまります。陶磁器や彫刻などの作品も、該当する形です。

絵画や美術品の耐用年数は、その種類によって7年もの差が現れるため正確に情報を理解する必要があります。対象作品が、金属製であるか否かを判断基準にすると覚えやすいです。

美術品や絵画は定率法?定額法?


絵画や美術品の減価償却の計算方法は、定率法と定額法どちらでも可能です。2つの方法の詳細は、下記に記載されています。

・定率法:毎年一定率を減価償却する方法
・定額法:毎年一定の金額を減価償却する方法

美術品や絵画の鑑定科目はなに?


勘定科目
絵画や美術品の勘定科目は、有形固定資産(工具器具備品)に該当します。固形資産は、有形と無形、投資その他資産に分類されていて下記は詳細内容と例です。

・有形固定資産:物体がある資産(土地・建物.機械・車両など)
・無形固定資産:物体を持たない資産(商標権・営業権・特許権など)
・投資その他資産:上記2資産に該当しない資産(出資金・長期貸付金など)

絵画買取のご相談は株式会社獏におまかせください


・絵画や美術品の減価償却制度は改正が行われ、適用されるのは2015年(平成27年)1月1日以後取得された絵画や美術品
・絵画や美術品の減価償却の可否は100万円がポイント
・美術品の耐用年数は、金属類が15年でその他絵画は8年
・絵画や美術品の減価償却の計算方法は、定率・定額法どちらでも可能

今回は、東京の絵画買取の株式会社獏が絵画や美術品の減価償却について徹底解説しました。

最後に、改めて絵画や美術品の減価償却についてまとめます。

・1点100万円未満の絵画や美術品:原則減価償却が可能(減価償却資産)
※「時の経過により価値が減少しないことが明らかなもの」→減価償却が不可能(非減価償却資産)
・1点100万円以上の絵画や美術品:原則減価償却が不可能(非減価償却資産)
※「時の経過により価値が減少することが明らかなもの」→減価償却が可能(減価償却資産)

株式会社獏は、絵画や美術品を専門に取り扱う美術品買取専門店です。商品価値を的確に判断する目と知識をもった専門家が、正確な分析のもと最適な金額をご提示します。株式会社獏では、各作品ごとに適切な販売経路を有しているため高額買取も十分実現可能です。

また、株式会社獏では買取・査定方法ともに選択肢が豊富に用意されています。ご自分の生活リズムに合わせた選択ができるため、スケジュール調整も容易で無理なくご利用可能です。

買取方法:無料出張・店頭・宅配.郵送
査定方法:お電話・メール・LINE

株式会社獏では、簡易見積書の作成が無料で行えます。ご自宅に必要無くなった絵画や美術品等がある方は、まずは簡易見積書を作成しゆっくりご検討ください。

関連記事

PageTop