ブログ 株式会社獏
  • 無料査定フォーム
  • LINE査定はこちら

BLOG

日本全国にある草間彌生の作品が展示されている美術館を紹介|草間彌生の作品が常設されている美術館9選


出典元:フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)

草間彌生(くさまやよい/1929年3月22日-)は、長野県松本市出身の芸術家です。水玉や綱模様が特徴的な作品が多く、国内外問わず高い人気を得ています。

今回の記事では、草間彌生の作品・展示品が楽しめる国内の美術館9選をご紹介します。草間彌生の作品や世界観がお好きな方にはとくにおすすめです。各美術館の詳細をまとめているのでご覧ください。



草間彌生の作品が楽しめる日本の美術館9選



今回は、草間彌生の作品が楽しめる日本の美術館9選をまとめました。

・草間彌生美術館(東京)
・十和田市現代美術館(青森)
・ハラミュージアム(群馬)
・大地の芸術祭の里(新潟)
・松本市美術館(長野)
・直島(香川)
・福岡市美術館(福岡)
・霧島アートの森(鹿児島)
・ヴァンジ彫刻庭園美術館(静岡)

各美術館の詳細をご紹介します。



【チケット予約制】草間彌生美術館(東京)



出典元:草間彌生美術館

草間彌生美術館は、2017年10月に開館しました。草間彌生自身が設立した美術館です。チケットは日時指定の完全予約・定員制で、WEBサイト上でのみ販売しています。

草間彌生の作品・世界観にどっぷり浸りたい方にはとくにおすすめです。公式Instagramでは、草間彌生美術館のリアルな状況を確認できます。

・名称:草間彌生美術館(YAYOI KUSAMA MUSEUM)
・営業時間:11:00〜17:30
・料金:一般1,100円/小中高生600円(税込)
・アクセス:〒162-0851 東京都新宿区弁天町107
・電話番号:03-5273-1778
・公式HP:草間彌生美術館



十和田市現代美術館(青森)



出典元:十和田市現代美術館

十和田市現代美術館は2008年に開館しました。企画展やイベントが多い美術館で、1つの企画展で来場者が7万人超えることもあるようです。

十和田市現代美術館にはカフェやショップもあるので、休憩しながら作品を楽しめます。十和田市現代美術館メルマガに登録すれば、さまざまな最新情報を入手できるのでおすすめです。

・名称:十和田市現代美術館(Towada Art Center)
・営業時間:9:00〜17:00(最終入館16:30)
・料金:大人1,200円/高校生以下無料(企画展転換期中520円)
・アクセス:〒034-0082 青森県十和田市西二番町10-9
・電話番号:0176-20-1127
・公式HP:十和田市現代美術館



ハラミュージアム(群馬)



出典元:原美術館 ARC

原美術館ARCは、1988年に開館しました。公式HPでは、最新の展覧会やイベント情報を確認できます。美術館には、カフェやさまざまなグッズが販売されているショップもありました。

公式TwitterとInstagramでは、原美術館ARCの最新情報をチェックできます。「伊香保グリーン牧場」とセットのお得なチケットもあるので、観光で訪れる方にもおすすめです。

・名称:原美術館 ARC(Hara Museum ARC)
・営業時間:9:30〜16:30
・料金:一般1,100円/大高生700円/小中生500円/70歳以上550円
・アクセス:〒377-0027 群馬県渋川市金井 2855-1
・電話番号:0279-24-6585
・公式HP:原美術館 ARC



大地の芸術祭の里(新潟)



大地の芸術祭は、新潟県越後妻有地域で開催されている芸術祭です。2000年から開催されている大地の芸術祭では、およそ200の芸術作品を鑑賞できます。

公式HPには、出発地点別に現地への行き方が細かく掲載されていました。実際に現地を訪れた方のなかには、山道なので道が複雑・狭いまたは急という意見も多くあったので事前に必ず確認しておくことが重要です。

・名称:大地の芸術祭
・アクセス:新潟県越後妻有地域
・公式HP:大地の芸術祭



松本市美術館(長野)



出典元:松本市美術館

松本市美術館は、2002年4月に開館した美術館です。公式HPには草間彌生デザインした美術館の外観の写真も掲載されていました。

松本市美術館では、展覧会以外にも講座やワークショップなども開催しています。ミュージアムショップは通信販売も行っているので、遠方の方でも利用できます。

・名称:松本市美術館(MATSUMOTO CITY MUSEUM OF ART)
・営業時間:9:00〜17:00
・料金:【コレクション展示】大人410円(団体310円)/大学生・高校生200円(団体100円)
・アクセス:〒390-0811 長野県松本市中央4-2-22
・電話番号:0263-39-7400
・公式HP:松本市美術館



直島(香川)



出典元:直島観光旅サイト

直島は瀬戸内海に浮かぶ島です。「アートの島」とも呼ばれており、小さな島に10作品以上のさまざまな美術品が点在しています。草間彌生の「赤かぼちゃ」は、水玉模様が特徴的な屋外作品です。中に入ることもできます。

直島には宿泊施設も数多く存在するので、旅行として訪れるのもおすすめです。

・名称:直島
・アクセス:〒761-3110 香川県香川郡直島町2249-40(NPO法人直島町観光協会)
・電話番号:087-892-2299(NPO法人直島町観光協会)
・公式HP:直島観光旅サイト



福岡市美術館(福岡)



出典元:福岡市美術館

福岡市美術館は、1979年に開館し2019年リニューアルオープンしました。展覧会やイベント、教育普及のプログラムなどさまざまなことを行っています。福岡市美術館にはカフェやレストラン、ショップもあって疲れを癒せます。

・名称:福岡市美術館(FUKUOKA ART MUSEUM)
・営業時間:9:30〜17:30
・料金:一般200円(団体150円)/高大生150円(100円)/中学生以下無料
・アクセス:〒810-0051 福岡県福岡市中央区大濠公園1-6
・電話番号:092-714-6051(代表)
・公式HP:福岡市美術館



霧島アートの森(鹿児島)



出典元:霧島アートの森

霧島アートの森は、鹿児島県にある野外美術館です。芸術と自然に囲まれた環境で作品1つ1つの世界観に浸れます。

のんびり過ごせるカフェやショップも営業していました。公式HPには年間スケジュールが細かく掲載されています。年間パスポートも販売されているので、近くにお住まいの方にはとくにおすすめです。

・名称:霧島アートの森(KIRISHIMA OPEN-AIR MUSEUM)
・営業時間:9:00〜17:00
・料金:一般320円(団体250円)/高・大学生210円(160円)/小・中学生150円(120円)/幼児無料
・アクセス:〒899-6201 鹿児島県姶良郡湧水町木場 6340 番地 220
・電話番号:0995-74-5945
・公式HP:霧島アートの森



ヴァンジ彫刻庭園美術館(静岡)



出典元:ヴァンジ彫刻庭園美術館

ヴァンジ彫刻庭園美術館は、2002年4月に開館しました。美しい庭園が魅力的で、さまざまな品種のクレマチスや他植物が鑑賞できます。季節によって咲く花が異なるので、その時々で違う顔がみられるのも特徴です。営業時間や料金が月によって異なるので、事前確認が必要になります。

・名称:ヴァンジ彫刻庭園美術館
・営業時間:10:00〜16:30/17:00/18:00
・料金:【4~10月】大人1,200円(1,100円)/高・大学生800円(700円)/小・中学生無料【11~3月】大人1,000円(900円)/高・大学生500円(400円)/小・中学生無料
・アクセス:〒411-0931 静岡県長泉町東野クレマチスの丘347-1
・電話番号:055-989-8787
・公式HP:ヴァンジ彫刻庭園美術館



まとめ:草間彌生の作品・展示品は全国で楽しめる


草間彌生の作品は、青森県から鹿児島県まで日本全国の美術館で展示されています。お近くの美術館に足を運んで、さまざまな作品を直接ご鑑賞ください。

また、ご自宅にある草間彌生の作品の売却を検討するなら、東京の絵画買取なら獏にぜひご相談ください。草間彌生作品を含む絵画や美術品(骨董品)の買取を積極的に行っています。

株式会社獏の買取・査定方法は、それぞれ3種類です。
・店舗買取
・出張買取
・郵便(郵送)買取
選択肢を豊富にご用意しているため、お客様にあう方法を自由に選べます。その他作品の買取も強化中ですので、美術品の買取を検討しているなら株式会社獏にご相談ください。

草間彌生の作品の買取ポイントを見る



PageTop