児玉幸雄|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 児玉幸雄

児玉幸雄

1916年〜1992年 物故作家。
大阪府生まれ。関西学院大学の美術部弦月会に参加し田村孝之介に師事する。1936年に全関西洋画展に初入選し、翌年に第24回二科展にでも初入選する。その後二科展には連年入選する。1939年に関西学院大学経済学部を卒業したのち入隊する。戦後は二紀会に第1回展から参加し、同会同人となる。1956年に東京に転居する。1957年に渡欧し、1959年に日本橋三越、大阪阪急百貨店で渡欧作品展を開く。1965年に欧州、アメリカ、メキシコを巡遊し、欧州各地、特にフランスの広場、市場の情景を主に描く。1976年に病をえて二紀会を退会する。その後は個展を中心に作品を発表する。享年75歳。

絵画買取のポイント

児玉幸雄の作風について
児玉幸雄といえば、<パリの街並み>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。
フランスのパリを中心にヨーロッパの街並みを描き続けた作家です。
初期には人形や着衣の婦人像を多く描いていましたが、渡欧後は異国の人々の生活感と活力がみなぎる広場を主なモチーフとしました。
点描画とまではいかないですが絵の具をキャンバスにのせるように描いたマチエールからは表現力の高さを感じます。
買取のポイントは<朝市>や<広場>でしょう。
基本的にヨーロッパの風景は評価が高いですが、モンマルトルなどのパリを舞台にそこで生活をする人々の動きを色とりどりに表現されている作品が高評価になりやすいです。技法により評価が分かれますので順に説明していきます。

@ 油絵
具体的な構図としては画面の両サイドに建物が描かれ、中央に広場や通りを配置し人々で賑わっている様子が良いとされています。サイズやコンディションにもよりますが、数十万円単位の買取価格が多い印象です。港の風景や人形を描いている作品は代表作と比べて評価が下がります。
油絵作品は<東美鑑定評価機構鑑定委員会>の鑑定書が必要となります。鑑定書が無くても査定後にとれますのでお気軽にお問合せください。
油絵はワレ・カビ等のダメージが出ていると評価が下がります。

A 水彩・パステル
紙に水彩絵の具で描かれている作品です。油絵のように細かい書き込みが無いと買取価格は厳しいでしょう。
一方、下絵としてではなく1つの作品として成立するクオリティでしたら、買取金額は期待できるかもしれません。
原画作品は鑑定書が合った方が好ましいですが、鑑定の費用と市場価値を考慮すると取らないことが多いです。

B 版画
主にリトグラフで制作されています。
児玉幸雄本人のサイン(ykodama)と娘である児玉純子のサイン(jkodama)の2パターン存在します。
当然ですが買取価格は本人サインの方が評価は高いです。版画作品はシミや退色などのダメージに注意が必要です。



絵画の買取について詳しくみる

児玉幸雄の作品

児玉幸雄 パリ―風景

■パリー風景
児玉幸雄の代表作と言えるでしょう。もう少し原色を多用していると良いですが、クオリティは十分です。

児玉幸雄 港

■コペンハーゲンの港
デンマークの首都で港町としても有名です。写生主義を活かしたリアリティがある作品ですが、児玉幸雄の代表作から少し離れた構図です。

児玉幸雄 水彩

■雨のムフタール通り
パリ5区にある通り名です。雨の静寂さを水彩絵の具の特徴を使い表現しています。

PageTop