栗原喜依子|絵画買取や美術品買取なら東京都大田区の株式会社獏

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

栗原喜依子の絵画・油絵の買取価格とポイント

栗原喜依子

1935年〜2009年 物故作家。
茨城県生まれ。1956年に二科展に出品する。1958年に女子美術大学洋画科を卒業する。1960年頃からNHK美術部に勤務しながら制作活動をする。1962年に銀座・松村画廊で初個展を開催する。1966年と73年に渡仏し、2回目の渡仏をきっかけに女性像を主なモチーフとする。1973年に安井賞展に出品する。1974年に二科会会員となる。1978年に現代の裸婦展に出品する。1980年に国際形象展に招待出品する。1982年に渡欧取材した民族衣装の人物や風景を描く。享年73歳。

買取ポイント

栗原喜依子の作風

栗原喜依子といえば、<女性>をモチーフにした絵画作品ではないでしょうか。
女性をモチーフに描く作家は多くいますが、栗原喜依子の作品はサインが書かれていなかったとしてもすぐに分かるほど、独自の表現様式を確立させました。具象画で描いた女性図は差別化することは非常に難しく、他の作家と区別できるように表現してしまうと芸術品としてのバランスが崩れてしまいます。その中で栗原喜依子が描く女性は特別な存在でありながら芸術作品として成立しています。その結果、マーケットからも評価されていますが、バブル期に比べると相対的に下がっている事はご理解ください。

栗原喜依子の現在の評価と価値


没後10年以上経過しましたが、現在も相場がある作家のひとりです。

栗原喜依子の作品を評価する際に、絵画・美術品の買取専門業者はどのような部分に着目しているか簡単に紹介します。

@ 構図
栗原喜依子は裸婦や風景等の作品も描いていますが、民族衣装を着た<女性>が最も評価しやすい傾向です。栗原喜依子が描く女性はエキゾチックな雰囲気を漂わせており、見る人をドキッとさせる不思議な魅力があります。題名にはメキシコ、モロッコ、チュニジアなどの国名が付けられているため、海外の女性を主題にしているのでしょう。背景は黒、赤、白の単色で統一されていることが多く、丁寧に描かれている女性や風景との対比がはっきりして、より女性の精密さが際立っています。藤田嗣治のような乳白色も特徴的です。細かい部分まで表現している作家のため、適正に評価させていただきます。

A コンディション
油絵は湿気等によるワレやカビなどのダメージがでる場合があります。作品コンディションの程度により評価が変わってきますが、栗原喜依子の作品ではワレのダメージが出やすい印象のため、保管には注意が必要です。
ワレの程度により評価額は下がり、絵の具の剥落などがあると本来価値がある作品でも市場価値が殆ど無くなる場合もあります。

絵画の買取について詳しくみる

栗原喜依子の代表作品

  • 少女 10-20

    ■少女(油絵)
    民族衣装が印象的で描き込みが細かいです。買取査定額は10万〜20万円前後となります。
  • メキシコの少女 8-12

    ■メキシコの少女(油絵)
    一般的なサイズのため買取査定額は8万〜12万円前後となります。
  • 風景

    ■風景(油絵)
    非常に細かく描かれている作品ですが、風景画なので少女の構図よりは落ち着いた価格となります。

PageTop

  • 美術品買取専門店 獏
  • 〒143-0016 東京都大田区大森北3-5-7 ロイヤルビル1階
  • フリーダイヤル 0120-89-0007 TEL:03-6423-1033
  • 営業時間:10:00〜18:00 定休日:日曜日・祝日
  • 株式会社獏のアクセス
  • JR京浜東北線
  • 大森駅より 徒歩10分