白髪一雄|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 白髪一雄

白髪一雄

1924年〜2008年 物故作家。
兵庫県生まれ。兵庫県尼崎市の呉服商の長男として生まれる。幼少の頃から書画や骨董に親しむ。京都市絵画専門学校(現京都市立芸術大学)日本画科を卒業後、洋画に転向する。大阪市立美術研究所で学ぶ。 1952年に金山明、村上三郎、田中敦子らと0会結成する。また同年に結成された現代美術懇談会に参加する。1954年に0会の展覧会で初めて足で制作した作品を発表する。1955年には具体美術協会に参加する。具体美術協会とは戦前から活躍していた前衛画家・吉原治良を中心に前年に兵庫県芦屋市で結成された団体。フランスの評論家ミシェル・タピエが、すでにフランスでアンフォルメルの画家として名を上げていた今井俊満の手引きにより、1956年に日本で展覧会を企画し戦後の日本の美術界に一大アンフォルメル旋風を起こした。1957年頃から水滸伝のシリーズを開始する。1959年にイタリア・プレミオ・リソーネ国際展で買上げ賞を受賞し、1962年にパリのスタドラー画廊、トリノのノティティエ画廊で個展を開く。以降ヨーロッパを中心に個展を開催する。1970年には比叡山に上って天台座主の山田恵諦大僧正に教えを請い、翌年得度し、「素道」の法名を授けられる。1972年には具体美術協会解散後も個展を中心に活動するが、密教との出会いを機に、その作風は宗教性を深める。2001年に兵庫県立近代美術館で回顧展が開催される。

絵画買取のポイント

白髪一雄といえば、<抽象>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。
床に広げたカンバスの上に絵の具を置き、天井からぶら下がったロープにつかまりながら裸足で描く手法を考案し、これをフット・ペインティングと呼んでいました。当時0会を結成した際に「芸術はなにも無い0の地点から出発して創造すべきだ」という言葉を残しました。その言葉の通り唯一無二の手法を確立させました。
1950年半ばから白髪は一貫して身体と素材の関係性を探求し続け、80歳を超えてもなお、フット・ペインティングを精力的に続けました。作品制作の前に精神を集中させるために不動三尊像に祈りをささげるなど、密教の精神は白髪の生涯を通じて重要な位置を占めるようになりました。白髪一雄の作品はアンフォルメルの流れから、人間の意思や思考から離れた場所で作品を制作するとうコンセプトと、具体美術協会の人と同じことをやるなというコンセプトが合致した抽象画の完成形といえるのではないでしょうか。

高価買取のポイントは<フット・ペインティング>でしょう。
作品のダイナミックさがすべてになります。アメリカ抽象表現主義の傾向から、作品が大きければ大きいほど良いとされています。ただ、市場に出回っている作品の多くは10号以下が多い印象です。
白髪一雄は主に油絵と版画の作品を制作してきましたので順に買取価格を見ていきます。

@ 油絵
キャンバスに油絵で描かれた作品です。マーケットに出回っているサイズが小さい作品は500万円以下の買取が多いです。
油絵作品は<日本洋画商協同組合>が所定鑑定機関になりますが、鑑定書が無くても査定は可能となります。お気軽にご相談ください。

A 版画
シルクスクリーンで制作された作品が多いです。買取査定額は3万〜5万円前後となります。


絵画の買取について詳しくみる

白髪一雄の作品

おごそかなる観衆

■おごそかなる観衆(版画)

駿

■駿(版画)
1990年制作のシルクスクリーン作品です。

芬

■芬(版画)

PageTop