浮田克躬|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 浮田克躬

浮田克躬

1930年〜1989年 物故作家。
日本の洋画家。東京都杉並区生まれ。実母が病身のため幼少期から母方の祖父浮田和民に養育され、のちに両親が離婚したため浮田姓を名のる。1944年に小林萬吾のもとで石膏デッサンを学ぶ。1945年に藤沢中学校を修了して東京美術学校油画科(後の東京藝術大学)に入学する。安井曽太郎、伊藤廉に師事し、同校を卒業する。第14回新制作派協会展に<集荷場>で初入選する。1954年より一水会運営委員の田崎廣助に師事し、同年より一水会展に出品する。1967年に渡欧しフランスを中心に8ケ国を巡る。以後たびたび渡欧し、西洋の都市が多く描かれる。この後、西欧に加えて中南米の風景を描くようになる。1981年に第13回日展出品作「シシリーの家」で会員賞を受賞する。

絵画買取のポイント

浮田克躬の作風について
浮田克躬といえば<海外風景>をモチーフにした絵画作品ではないでしょうか。
主に西洋の都市を描いた堅牢で構築的な作品が多く、その住まう人々が醸し出す感情を排除しているように感じます。浮田が描く風景は圧倒的な迫力で鑑賞者に圧力を与え、その空間に重厚感が漂います。具象芸術は美しくキレイという固定概念を覆したため、好みが分かれる作品ではないかと思います。

浮田克躬の買取について
買取価格に関しては<海外風景>+<赤色>が高額査定のポイントです。もともと色目を抑えて描かれる作品が多いですが、そこに赤で屋根などを描いていると評価しやすいです。トーンが薄くても全体のバランスが良ければ高い買取価格を出せます。風景画でも自然だけを描く作品ではなく、フランスを中心としたヨーロッパの街を描いた作品が良いとされています。

@ 油絵
街が描かれている風景画で赤色を多く使っている作品が最も高い評価を得ています。一方、トーンが明るい風景や、静物画などは評価が下がる傾向です。
油絵作品は湿気等によるワレやカビがでる場合があります。作品によっては数十年以上経過していますので、状態のチェックは必要です。浮田の作品は絵の具のワレが出ている作品に出合うことが多いので、管理には注意が必要です。

油絵などの原画作品は<浮田和枝>の鑑定書が必要となります。鑑定書が無くても査定後にとれますので、お気軽にお問合せください。

A パステル
油絵作品に比べると流通量は少なく珍しいですが、買取金額には影響しません。基本的には油絵の10分の1くらいになる印象です。


絵画の買取について詳しくみる

浮田克躬の作品

古城と村

■古城と村(油絵)
赤い屋根が多く、よりトーンが暗い方が良いです。買取査定額は50万〜100万円前後となります。

僧院

■僧院(油絵)
スッキリとした構図で街の静寂さを表現しています。買取査定額は30万〜60万円前後となります。

北国

■北国(油絵)
日常の風景を芸術作品まで昇華しています。ただ、代表的な構図とは距離があります。15万〜30万円前後の買取査定額となります。

PageTop