山下清|絵画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

洋画家 山下清

山下清

1922年〜1971年 物故作家。
日本の洋画家。東京都県生まれ。3歳の時、重病を患い、軽い言語障害、知的障害になる。1934年に千葉県の八幡学園に入園し、独自の技法による貼絵を始める。1939年に銀座<青樹社>での作品展で、梅原龍三郎、安井曾太郎らの称賛を受ける。1940年より放浪の旅を始める。1960年に全国名勝絵はがきコンクールに<新東京十景>が選ばれる。貼絵だけではなく、油絵、ペン画、陶磁器の絵付などの制作もする。東京で没する。

絵画買取のポイント

山下清の作風について

山下清といえば<風景><花><昆虫>をモチーフにした絵画作品ではないでしょうか。主な買取対象になるのは<ペン画>作品になります。山下清は貼絵作家として有名ですが、市場に出回っている作品が少ない為です。ペン画とは色紙に油性マーカーで描かれた作品を指します。山下清はモチーフを見て描くのではなく、すべて頭の中にある記憶を頼りに描いているそうです。タッチに迷いが無く、一筆書きのように滑らかなタッチが特徴的です。作品の技法により評価が分かれますので、順に見ていきましょう。

@ 原画(貼絵)
殆ど市場には出回っていません。非常に贋作が多く取扱には注意が必要な技法です。美術館等に収蔵されている作品が殆どでマーケットへの流通量が少ないため、高価買取が期待できます。

A 原画(ペン画)
ペン画に関しては花や昆虫と比べて風景は描き込み具合が多く、<富士山>や<花火>などを題材にした作品は高価買取しやすいです。また、黒一色で描かれている作品よりも、色ペンを使って描かれている作品の方が評価しやすいです。
ペン画に関しては3号色紙か6号色紙に描かれており、色紙の種類でも評価額は変わります。一般的な白い色紙よりも金色に装飾されている色紙の方が良いとされています。

宿泊のお礼などで描いていることもあり作品数自体は多いですが、保存状態が悪いせいか色ヤケやシミ等のダメージが出ている印象です。ダメージが出ている分だけ買取金額は下がります。
原画作品は<山下清鑑定員会>の鑑定書が必要となります。鑑定書が無くても査定後にとれますので、お気軽にお問合せください。非常に贋作が多い作家なので慎重に進めさせていただきます。

B 版画
山下清の版画作品は没後に制作されている事が多く、知名度のわりにはそこまで評価は高くないです。


絵画の買取について詳しくみる

山下清の作品

はち

■はち(色ペン画)
色ペンで描かれている方が評価は高いです。

とんぼ

■とんぼ(ペン画)

長岡の花火

■長岡の花火(版画)
代表作を版画にした作品です。

PageTop