堂本印象|日本画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

日本画作家 堂本印象

堂本印象

1891年〜1975年 物故作家。
京都市生れの日本画家。生家は酒造業であったが父の代に事業に失敗して没落する。1921年に京都市立絵画専門学校を卒業する。在学中は西山翠嶂の塾にも学び第1回帝展に「深草」が初入選する。1925年には「華厳」で帝国美術院賞を受けるなど、若い頃から才能を発揮する。1934年に画塾・東丘社を創立する。また、京都絵専教授をつとめるなど後進育成にも力を入れる。この頃にパリ、ニューヨーク、トリノ等で個展を開き日本以外での活動も目立つ。帝展、文展、日展等官展の審査員をしばしばつとめ、1950年には日本芸術院会員となる。1961年に文化勲章を受章する。1966年には京都衣笠山の麓に「堂本美術館」を設立する。享年84。

買取ポイント

堂本印象の特徴
堂本印象は極めて多作の作家です。なので、現在でもよくお問い合わせをいただく作家ですが、多作の弊害でクオリティにばらつきがあり、値段がつきやすい作品とそうではない作品とで価格の幅がでやすいのが現状です。
堂本印象の作品は古典的な日本画の表現様式が基礎となり、晩年に向かうごとに印象派絵画のようなパステルカラーを基調とした淡い風景作品に変化していきます。最終的には抽象作品も描くようになりますが、市場に出回っている作品は「古典的な画風」と「パステルカラーを基調とした画風」です。後者の作風が高い評価を得ています。

堂本印象の買取価格について
堂本印象の特徴で述べましたが多作の作家なので作品により買取価格のバラツキが出やすいです。短冊、掛軸、扇面、絹本、紙本、色紙など様々な条件下で作品を残しています。なので、画一的に述べるのが難しいため大きな判断材料として「画風」で説明させていただきます。
堂本印象の画風は「古典的な画風」と「パステルカラーを基調とした画風」が存在し、後者の方が高価買取しやすいです。古典的な画風ですと10万円以上の買取価格をご提示するのは難しいです。一方、後者の画風は10万〜30万円前後の価格帯となります。
堂本印象の全盛期に比べると非常に安価な価格帯になっていますが、現在の市場動向を考慮すると精一杯の買取価格となります。

鑑定について
日本画などの原画作品は<堂本印象鑑定員会(ギャラリー鉄斎堂内)>の鑑定書が必要となります。鑑定書が無くても査定後にとれますのでお気軽にお問合せください。
堂本印象の鑑定は、当初弟の堂本四郎(夏生軒)が担当していましたが、その後堂本尚郎が担当しました。現在は堂本尚郎が逝去したためギャラリー鉄斎堂が窓口として鑑定を行っています。なので、作品によっては夏生軒や尚郎氏の鑑定書が付いているケースがありますが、再鑑定の有無は作品を見て判断させていただきます。


日本画の買取について詳しくみる

堂本印象の作品

京洛八景

■京洛八景(版画)

大原女

■大原女(版画)

椿

■椿(版画)

PageTop