小倉遊亀|日本画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

日本画作家 小倉遊亀

小倉遊亀

1895年〜2000年 物故作家。
滋賀県生まれ。奈良女子高等師範学校(現在の奈良女子大学)国語漢文部に学びながら、図画の科目を履修する。そこで横山常五郎に絵を学ぶ。卒業後は京都市立第三高等小学校、名古屋の椙山高等女学校、横浜のミッションスクール、捜真女学校等で教鞭をとりながら絵を独学する。1920年に大磯に住む日本画家・安田靫彦に入門し、1922年に日本美術院第8回試作展に「静物」が入選する。1938年に山岡鉄舟門下の小倉鉄樹と結婚し、神奈川県大船町の鉄樹庵に移り住む。1944年の鉄樹没後は京都大徳寺管長・太田晦厳に師事し、作画にも大きな影響を与える。1947年に報恩会理事、1950年には同監事となる。1958年に日本美術院評議員、1978年に同理事となる。また1976年に日本芸術院会員、1978年に文化功労者となり、1980年に文化勲章を受ける。1990年には日本美術院理事長に就任し、1996年より名誉理事長となる。

買取ポイント

小倉遊亀の作風と買取金額について
小倉遊亀は花を中心に身近にあるものを題材にしている作品が多いです。大胆に色を使い形態を簡略化する画面構成は近代的であり洗練された印象を持ち、女性が持つ美しさと力強さを作品から感じることができます。20号以下の販売を目的として描かれた作品は梅や椿などをモチーフにしたものが多く、マーケットで高い評価を得ています。

買取価格について
小倉遊亀の作品は日本画・書・版画の大きく3つに分けることができます。作品の種類によって見るべきポイントや買取金額が異なりますので順に見ていきます。

@ 日本画
小倉遊亀の作品で最も高価なジャンルです。本画と呼ばれて作家が最も力を入れている作品で、美術市場が落ち着いている現在でも作品によっては高価買取が可能となります。作品の構図、サイズ等によって買取価格が大きく異なり、50万から300万円の幅がでます。
高価買取できるかどうかの基準は「版画になりそうな絵」です。日本画家が制作する版画は既存の日本画から作品にすることが殆どです。日本画の種類に比べると版画の種類は少ないため、必然的に作家にとって良い作品が版画に選ばれます。裏を返せば版画になっている絵は良い作品と言えます。版画になりそうな絵ですと作品のサイズによっては300万円以上の査定も可能です。

A 書
文字通り「書」です。茶掛けの様な厳かな書ではなく絵画作品のような色鮮やかな書が特徴的です。ユニークな作品が多いですが買取査定額は5万〜10万円前後となります。日本画と比べると二次的な扱いになるのが現状です。

B 版画
小倉遊亀の作品で最も査定依頼をいただくのが版画です。木版やシルクスクリーンで制作されている作品が多いですが、技法による優劣は殆どありません。作品の図柄次第で買取価格が決定します。一部作品は10万前後で買えるものもありますが、多くの作品は2万〜3万円前後の買取査定額となります。

鑑定について
小倉遊亀の日本画は<小倉健一(ギャラリー鉄樹)>が所定鑑定機関となりますが、鑑定書が無くても査定後にとれます。お気軽にお問合せください。
日本画に関しては共シールが無いと評価額が下がります。


日本画の買取について詳しくみる

小倉遊亀の作品

初夏の花

■初夏の花(版画)
買取査定額は2万5千円前後です。

白い椿

■白い椿(版画)
買取査定額は2万円前後です。

瓶花

■瓶花(版画)
買取査定額は3万円前後です。

つかのま

■つかのま(版画)
木版画で制作された版画作品です。買取金額は3万円です。

椿

■椿(版画)
木版画で制作された版画作品です。買取金額は2万円です。

古九谷徳利と白椿

■古九谷徳利と白椿(版画)
買取金額は2万5千円です。

PageTop