天野喜孝|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

版画作家 天野喜孝

天野喜孝

1952年〜現在に至る。
静岡県生まれ。竜の子プロダクションの社員時代に<ヤッターマン><ガッチャマン>など数々のヒット作を描く。1981年の連作イラストレーション<トワイライト・ワールズ>発表以来、SF・ファンタジー界に衝撃を与えつづけている。1987年にゲームソフト<ファイナルファンタジー>のビジュアルコンセプトデザインで若い世代の圧倒的支持を獲得する。1991年から国内の版画工房でリトグラフの制作をはじめる。1997年、1999年、にニューヨークで個展開催。2002年にはロンドン、パリ、南仏でも個展を開催する。

買取ポイント

天野喜孝といえば、<ファイナルファンタジー>や<ヤッターマン>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。シリアスな作品から可愛い作品まで幅広く生み出しています。デザイン関係が強い作家は幅広い表現方法が特徴的です。
高価買取のポイントは、<人気キャラクター>でしょう。特にファイナルファンタジーのキャラクターは評価が高い傾向です。版画作品は一般的に紙に刷られていることが殆どですが、DX版として金属地に刷られている作品があります。DX版として何種類か制作されており、どれも高価買取しやすいです。世に出回っている作品の多くは版画ですが、一部水彩作品もありますので順に見ていきましょう。

@ 水彩・デッサン
紙に水彩絵の具なので描かれている作品です。モチーフにもよりますが、数万円〜20万円前後で買取が多いです。一般的に原画作品の方が版画よりも高い傾向ですが、版画作品に人気作に比べると評価は低くなります。
紙に描かれていますのでシミ等のダメージには注意が必要です。

A 版画
ファンの裾野が広く、幅広い方々から愛されている作家です。人気があるため作品数も多く作られています。90年代から2000年の初頭までは全般的に相場を保っていましたが、近年は売れる作品と売れない作品が明確に分かれてきました。
評価できない作品が全体の9割以上を占めており、数千円〜1万円前後で買取することが多いです。一方、人気作品は20〜30万円で買取できるものもあり、上で挙げたDX版などです。デフォルメされた可愛らしい作品よりは、細かく描かれているシリアスな作品の方が評価は高い傾向です。
天野喜孝の全盛期はラッセンなどと共に数十万円〜100万円を超える金額で小売りされていましたが、セカンダリーマーケット(二次流通)では厳しい価格帯取引されているのが現状です。
作品のサイズが大きいものが多いので無料の出張買取がおススメです。お気軽にご相談ください。


版画の買取について詳しくみる

天野喜孝の作品

街DX

■街DX

ティーダ&ユウナ

■ティーダ&ユウナ

ツインソード

■ツインソード

PageTop