藤田嗣治|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

藤田嗣治

藤田嗣治

1886年〜1968年 物故作家。
日本の洋画家。フランス名はレオナール・フジタ。東京都生まれ。東京藝術大学卒業後、1913年に渡仏し、第1次大戦下にはパリにとどまって生活を送り、モディリアーニらと親しく交友する。その後、エコール・ド・パリの著名なひとりとして国際画壇のなかで活躍し、1929年に17年振りに帰国して個展を開催する。その後、南米・中米旅行などをへて、1940年には第2次大戦下のパリを脱出して帰国し、戦争中は、戦争記録画の第一人者として活躍する。戦後、日本画壇のなかでの中傷などされ、1949年に日本を離れてアメリカ経由でフランスにわたり、1955にはフランス国籍を取得する。1959年にランス大聖堂でカトリックの洗礼を受ける。臨終には君代夫人、海老原喜之助、田淵安一、元パリ市会議員ジョルジュ・ブラジェが付き添う。

買取ポイント

藤田嗣治の作風について

藤田嗣治といえば<裸婦><猫><少女><自画像>など様々なモチーフで作品を制作しました。1919年ころから独自な乳白色の下地に、繊細な描線で描いた作風が藤田嗣治の代名詞と言えるでしょう。日本人だからこそ到達できた油絵の境地です。
高価買取のポイントは<少女>か<猫>でしょう。油絵・水彩・版画関係なくこの2つのモチーフが高価買取しやすいです。作品の描き込み具合や繊細さを見て判断させていただきます。版画作品に関しては、色がついている作品の方が良いとされ、近年ではエスタンプ作品なども作られています。
世界的な作家のため様々な種類の作品が残されました。順に見ていきましょう。

@ 油絵
キャンバスに油絵の具で描かれた作品です。藤田嗣治が残した作品では最も評価が高く、猫や少女を描いた作品は特に高価買取がしやすいです。作品のサイズ・構図・コンディションにより大幅に評価が変わります。数百万円〜3000万前後がおおよその価格帯になります。
藤田が描く油絵作品はワレ等のダメージが発生しやすいです。コンディションにより評価が変わりますので、現物確認後に最終的な判断させていただきます。
油絵などの原画作品は<東美鑑定評価機構鑑定委員会>の鑑定書が必要となります。鑑定書が無くても査定後にとれますので、お気軽にお問合せください。

A 水彩・パステル・デッサン
紙に水彩・デッサン等で描かれた作品です。油絵と同様ですが作品次第で大きく金額が異なります。

B 版画(生前)
藤田嗣治が生前に制作された版画作品です。人気作家のため多くの作品が後世に残されました。描き込み具合等により評価額が決まります。「猫十態」・「魅せられたる河」・「小さな職人たち」等のシリーズ作品も多いです。版画の中では「猫十態」のシリーズが高い評価を得ています。

通常の版画作品は直筆サインと限定部数がセットで価値づけされているものが多いですが、藤田嗣治の作品はサインや限定部数が無くても高額な作品もありますので、一度ご相談ください。

C 版画(没後・エスタンプ)
藤田嗣治の没後に作られた作品です。これらの作品を総称してエスタンプと呼んでいます。限定部数とスタンプサインで構成されており、落ち着いた買取価格になる印象です。近年作られた作品なのでシミやカビ等のダメージが出ている作品は少ない印象です。


版画の買取について詳しくみる

藤田嗣治の作品

猫を抱く少女

■猫を抱く少女(生前作)
リトグラフ作品です。藤田嗣治らしい少女の図で、買取査定額は15万〜20万円前後となります。

猫の本

■オリバ「猫の本」より(1930年)
猫の本というシリーズの1枚です。コロタイプという技法で摺られている作品です。買取査定額は10万前後となります。

カフェ

■カフェ(没後・エスタンプ)
画集の表紙にも使われている代表的な作品を、現代に蘇らせました。買取査定額は5万〜10万円前後となります。

PageTop