草間彌生|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

草間彌生

草間彌生

1929年〜現在に至る。
長野県松本市生まれ。1935年に小学校へ入学し、この頃から物体のまわりにオーラが見え、植物や動物の話す言葉が聞こえるといった幻覚を体験するようになる。この不安感から絵を描き始める。1941年に松本高等女学校へ入学し、ここで日本画を学ぶ。1952年に松本市第一公民館で初の個展を開催する。1953年にパリ・アカデミー・グランド・ショミエールへの入学許可を取得するが、東京での個展が決まったため中止する。翌年に東京での初個展を開催する。1957年にシアトルの画廊で個展が決まった事により単身渡米する。翌年にはニューヨークに転居する。1965年頃からハプニングの活動を始める。1968年には映画「草間の自己消滅」がニューヨーク各地で上映され、ドイツやオランダなどに広がる。1973年に帰国する。翌年からセラミックや水彩・パステル等の作品を多数制作する。その後は国内外を問わず個展が開催される。2009年に文化功労者、2016年に文化勲章を受ける。同年、タイム誌で「世界で最も影響力のある100人」に日本人で唯一選出される。

買取ポイント

草間彌生の作風

1958年にニューヨークへ移ったタイミングで本格的なアーティスト人生が始まりました。初期はハプニングや反戦運動芸術の前衛芸術界に身を置いていました。個人的な強迫観念から彩色した斑点を繰り返し使用した作品が特徴的です。絵を描いている時に自身の両手が水玉模様で覆われるなどの強迫観念があったと語っています。ニューヨークの美術界(ジョセフ・コーネルなど)からも評価され、帰国後の現在も人気があり、日本を代表する現代美術家です。点の集合体から構成される【南瓜】が彼女の代表作です。

草間彌生の現在の評価と価値

日本人で最も世界に知られている女流芸術家です。世界的な認知度だけではなく、オークションの落札金額でも現存作家の中でも存在感を増しています。2014年にはクリスティーズで約8億2千万円という金額で落札されたのも記憶に新しいでしょう。また、2012年に世界的なメゾンであるルイヴィトンとコラボレーションしたことにより、美術に興味ない人にも草間彌生という名前が広がりました。2017年には新宿エリアに美術館がオープンし、草間彌生に触れる機会が増えました。

草間彌生の版画(シルクスクリーンなど)の相場は?

ここ10年、20年で急激に市場価値が上がりました。現在の価格になるまでは紆余曲折がありましたが、2000年以前の評価と比べるとビックリするような価格で取引されています。2000年以前に購入された方の多くは、ビックリするような金額で売れるかもしれません。
モチーフとしては南瓜を描いた作品が最も評価が高く、油絵も版画も同様です。版画作品の多くはシルクスクリーンで制作され、数万円台から数百万円台と様々です。南瓜が描かれていると基本的には100万円〜500万円前後になるでしょう。
草間彌生の相場は安定していると言えないため、問合せいただいたタイミングで買取金額が若干変わる可能性があります。草間彌生の版画作品のご売却をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

版画の買取について詳しくみる

草間彌生の作品

  • 茜雲 1997 シルクスクリーン

    ■茜雲(1997年)
  • 花さける信濃路 1999 シルクスクリーン

    ■花さける信濃路(1999年)
  • 瞑想 1994 シルクスクリーン

    ■瞑想(1994年)

PageTop