松本零士|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

版画作家 松本零士

松本零士

1938年〜現在に至る。
福岡県久留米市生まれ。小学生の頃から漫画を描き始め、1954年に15歳で描いた『蜜蜂の冒険』が、雑誌「漫画少年」第1回新人王に入選、本格デビューを果たす。その後、「少女」、「毎日小学生新聞西部版」などに連載を持つが、高校卒業後、上京する。『セクサロイド』「四次元世界シリーズ」などを経て、1972年に『男おいどん』が大ヒットする。その後、『宇宙戦艦ヤマト』『宇宙海賊キャプテンハーロック』『銀河鉄道999』などのヒット作を続々発表。2001年秋に紫綬褒賞受賞する。

買取ポイント

松本零士といえば、<銀河鉄道999>や<宇宙戦艦ヤマト>を題材にした版画作品ではないでしょうか。日本の漫画界の生き字引であり現在も活動する世界的な作家です。日本で生活しているならば誰もが知る有名作品を数多く生み出し、版画作品の制作など美術品としての評価も高まっています。松本零士が制作する版画作品は額装にもこだわっており、額を含めて作品の世界観を味わえます。

高価買取のポイントは、<メーテル>でしょう。
松本零士が生み出した数あるキャラクターの中でもメーテルが最も人気が高く、高価買取しやすい作品となります。「銀河鉄道999」、「宇宙戦艦ヤマト」、「キャプテンハーロック」などのキャラクターを中心に制作されていますが、メーテル作品の需要が最も高いです。
また、漫画というサブカルチャーが世界でも認められてきている状況と「クールジャパン」として日本が誇る文化を世界へ発信しようとしている国策でアート界でも徐々に評価が高まっているジャンルです。
少し前まではアニメのセル画やグッツなどは美術品専門のオークション会社では取り扱いがありませんでしたが、近年は需要の高まりから多くの作品が出品されています。このような経緯で以前よりは買取金額が上がっています。

メーテルが描かれている版画作品は3万〜5万円前後の買取査定額となります。
メーテル以外の版画作品は1万〜3万円前後の買取査定額となります。

少し前までは松本零士の版画作品は一律1万円前後の買取だったので評価額は上がっています。

買取の注意点
版画は保存状態によりシミや退色などのダメージがでる場合があります。状態により評価が変わりますので、現物の確認後に最終的な判断をさせていただきます。版画に関しては、保証書などが付属している作品もありますが無くても査定額には影響しませんのでご安心ください。


版画の買取について詳しくみる

松本零士の作品

作品名銀河鉄道999 〜母なるアンドロ

■銀河鉄道999 〜母なるアンドロメダへ(版画)
人気モチーフのメーテルです。買取査定額は3万〜5万円前後となります。

ハーロックとアルカディア1号

■ハーロックとアルカディア1号(版画)
松本零士の隠れた名作です。買取査定額は2万〜3万円前後となります。

古代進

■古代進(版画)
宇宙戦艦ヤマトの主人公です。古代進をモチーフにした版画作品は少なく評価額もそこまで高くありません。1万〜3万円前後となります。

PageTop