ジェームス・リジィ|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

版画作家 ジェームス・リジィ

リジィ

1951年〜2011年 物故作家。
アメリカ・ニューヨーク・ブルックリン生まれ。1973年にフロリダ大学芸術学部を卒業する。1974年にブルックリン美術館で行われたナショナル・プリント・ショーでデビュー。 自らのアート・スタイルを「アーバン・プリミティヴ」と命名する。1980年に独創的なスタイルの確立のため、すべての作品を立体化する。1991年にサントリー「アーリータイムズ」カレンダー、1992年にフォード「オートラマ」カレンダーに採用される。
1996年にアトランタ・オリンピックの公式アーティストとして大会のイメージポスター、オリジナル版画を手掛ける。1998年の長野オリンピックでIOCより公式アーティストに任命される。

買取ポイント

リジィの作風と買取金額について
ジェームス・リジィといえば<3D>の技法を駆使した絵画作品ではないでしょうか。

3Dとは?
3Dとは主に版画作品で使われて、二次元の作品を遠近法ではなく物理的に立体感を出した作品です。西洋絵画の到達点の1つが二次元のキャンバスに様々な技術を駆使して三次元を表現することでした。この様々な技術の1つが遠近法で、目の錯覚を利用して立体感を出しました。一方、3D作品とは立体感を出したい部分を紙で張り付けて凹凸を出しました。一種の禁じ手の様な方法ですが、当時の美術業界ではセンセーショナルな出来事でした。

買取のポイントは?
アメリカ本土でも非常に人気がある作家で、チャールズ・ファジーノと共に3D作品の制作者として有名になりました。ファジーノと比べてリジィの方が細かい作品が多い印象ですが、好みが分かれる所でしょう。リアリティがある表現方法ではなくアニメのキャラクターのようにデフォルメされた作品は老若男女を問わず愛されました。
高価買取のポイントは<細かさ>でしょう。3D作品の制作は時間と労力を要します。その中でも細部まで作り込んでいる作品は市場からの評価も高く、高価買取しやすいです。
リジィが残した作品は油絵・水彩・版画と多岐にわたりますので、順に見ていきましょう。

@ 版画(3D)
リトグラフやシルクスクリーンの技法を使い3Dで制作されています。サイズが大きくて、細かく表現されている作品ほど評価は高くなります。

A 油絵・水彩
直筆の作品で3Dの表現方法を使っている作品は少ない印象です。買取査定額は構図・サイズ・コンディションによりますが、版画作品と比べても大きな違いは無い印象です。


版画の買取について詳しくみる

ジェームス・リジィの作品

A WALK IN THE PARK

■A WALK IN THE PARK(3D版画)
作品のサイズも大きく、細かいところまで表現されています。買取査定額は20万〜30万円前後となります。

JUNKYARD CATS

■JUNKYARD CATS(3D版画)
猫が主役の賑やかな作品です。買取査定額は5万〜8万円前後となります。

THAT’S A MORE

■THAT’S A MORE(3D版画)
細かくはありませんがサイズが多き作品なので、5万〜8万円前後の買取査定額となります。

IT'S TIME TO BUY A NEW TV

■IT'S TIME TO BUY A NEW TV(3D版画)

ROAD TRIP AND A CRUISE SHIP

■ROAD TRIP AND A CRUISE SHIP(3D版画)

TOO MANY BOATS IN THE HARBOR

■TOO MANY BOATS IN THE HARBOR(3D版画)

MAKE FRIENDS WITH LIFE

■MAKE FRIENDS WITH LIFE(3D版画)

ARE YOU READY FOR SOME FOOTBALL?

■ARE YOU READY FOR SOME FOOTBALL?(3D版画)

JUNC YARD DOGS

■JUNC YARD DOGS(3D版画)

PageTop