ジャン・ピエール・カシニョール|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

ジャン・ピエール・カシニョール

カシニョール

1935年〜現在に至る。
フランスの洋画家。パリ生まれ。1952年にパリで初の個展を開催する。1954年にシャルパンティエ・アカデミー入学する。1955年にパリ美術学校入学し、5年間学ぶ。1959年にサロン・ドートンヌの会員に推挙される。1960年〜1962年までドイツとアルジェリアに兵役のため滞在する。1965年に初のリトグラフ作品を制作する。以後、国内外を問わず数々の個展を開催する。

買取ポイント

カシニョールの作風について
カシニョールといえば<女性>をモチーフにした絵画作品ではないでしょうか。カシニョールは子供時代に彼の周りにいた魅力的なマヌカンやトーヴィルの浜を優雅に動き回っていた美しい女性達の記憶を持ち続けています。その記憶の形を変え、個性を与え、復元して私たちに見せてくれます。それは彼のノスタルジーの焼き直しではなく、一つの芸術作品といえるでしょう。可愛らしい女性像を描き、キース・ヴァン・ドンゲンとよく似ておりエレガントです。

買取価格に関しては<女性+制作年代>が高額査定のポイントです。
カシニョールは殆どの作品で女性を描いています。その女性の描き込み具合や構図により買取金額が決まっていきますが、値段を決定する判断の目安に制作年代があります。油絵も版画も制作年代が新しい方が、高価買取しやすい構図が多い傾向です。版画に関しては、赤色が使われている作品は評価が高い傾向ですが、赤は色が薄くなりやすいので保管には注意が必要です。では、作品の種類によって買取価格が異なりますので、具体的に見ていきましょう。

@ 油絵・パステル
直筆で描かれた作品です。
サイズ・モチーフ・コンディション・制作年代により大きく査定額が異なります。是非、お気軽にご相談ください。
油絵などの原画作品は照会が必要となります。照会には時間がかかるため、売却するかどうかは別として照会だけするのも良いかもしれません。お気軽にお問合せください。

A 版画
リトグラフで制作されている作品が殆どです。カシニョールのアイコニックである優雅な女性を描いた作品が良いとされています。その女性は全身ではなく上半身だけでハッキリと顔が見える構図が人気作品です。
シミや退色などのダメージが出ていると評価は下がります。

まとめ
カシニョールの作品は構図によって大きく価格が異なります。作品の画像をお送りいただくと査定はスムーズになります。LINEやメールで画像を受け付けておりますので、詳細が分からない方でも安心です。画像を用意することが難しいようでしたら出張無料査定も行っております。ご検討下さい。

版画の買取について詳しくみる

ジャン・ピエール・カシニョールの作品

ソフィー

■ソフィー(1988年)
背景の赤が印象的な作品ですが、色が薄くなっています。ダメージが出ている扱いになるため、買取査定額は10万円前後となります。

バラ

■バラ(1991年)
色のバランスや構図に優れた作品です。買取査定額は10万〜20万円前後となります。

日傘を持つ女

■日傘を持つ女(1972年)
青い海と黄色いパラソルの対比が印象的です。女性の後姿は評価が下がり、1万〜2万円前後の買取査定額となります。

レマン湖

■レマン湖(1999年)
買取金額は5万〜6万円です。

アリアンヌ

■アリアンヌ(1996年)
買取金額は4万〜5万円です。

緑色のブレスレット

■緑色のブレスレット(1986年)
買取金額は4万〜5万円です。

ワイングラス

■ワイングラス(1994年)

夏の思い出

■夏の思い出(1985年)

幸福の予感

■幸福の予感(1988年)

PageTop