キース・ヘリング|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

キース・ヘリング

キース・ヘリング

1958年〜1990年
アメリカ・ペンシルベニア州生まれ。1978年にニューヨークへ移り、スクール・オブ・ビジュアル・アーツに入学する。1980年からニューヨークの地下鉄構内の広告板にチョークで描く「サブウェイ・ドローイング」を開始し、翌年にはウェストベス画廊で初個展を開催する。1982年に大手画廊トニー・シャフラジでデビューを果たす。1983年に初来日し、計4回日本へ訪れる。1985年にレオ・キャステリにて個展を開催する。1988年にエイズと診断される。1989年に恵まれない子供たちへの基金やHIV・エイズ予防啓発運動継続のためキースへリング財団を設立する。1990年2月16日に死去。31歳。

買取ポイント

キース・ヘリングについて
キース・ヘリングは、アンディ・ウォーホルやジャン=ミシェル・バスキアなどと同様に、1980年代のアメリカ現代美術を代表するアーティストで、日本国内でも高い知名度があります。キースが描くデザインはファッションなどを通じて幅広い世代に認知されています。人によってはキース・ヘリングが生み出したアイコンだと知らずに来ている方もいるでしょう。
本格的にデビューする前の80年代初頭にNYの地下鉄で、黒い紙が貼られた使用されていない広告板を使った通称サブウェイ・ドローイングというグラフィティ・アートを始めました。ユニークで誰もが楽しめる落書きは、一躍ヘリングの名を広めることになりました。
デビュー後は瞬く間に有名作家の一員となり、アニメーション、舞台デザイン、自信のグッズを販売するポップショップをオープンするなど、幅広い分野で活躍しました。
31歳で夭折した作家が残したイメージは、死後30年経った今でも色あせることなく人々に受け入れられています。

キース・ヘリングの買取金額について
日本国内で流通している作品の多くは「シルクスクリーンかリトグラフで制作された版画作品」です。ペンで描かれた作品もありますが

キース・ヘリングの版画作品は数十万円〜100万円前後の買取金額が多いですが、一部の人気作品(ANDY MOUSE)は1000万円以上の金額が付きます。

基本的に版画作品は鑑定等の必要ありませんので、現物を見て判断させていただきます。
また、最も新しい作品でも30年は経過していますので、シミなどのダメージが発生している可能性があります。修復が難しいほどダメージが発生していると著しく評価が下がりますので、保管には注意が必要です。


版画の買取について詳しくみる

キース・ヘリングの作品

AndyMouse

■ANDY MOUSE(1986年)
ウォーホルのサイン入りです。版画作品の中でも非常に人気があります。

POP SHOP 1

■POP SHOP 1(1987年)

POP SHOP 3

■POP SHOP 3(1989年)

PageTop