ルイ・イカール|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

ルイ・イカール

イカール

1888年〜1950年 物故作家。
フランスの洋画家。トゥールーズ生まれ。1905年にパリで絵はがき工房の仕事を得る。エッチングやリトグラフなどの技術を習得。1912年バルセロナで最初の個展を開催する。1913年にワグラム画廊がイカールの作品をアメリカ合衆国に販売する。1914年にゲント(ベルギー)の展覧会に出品し、栄誉賞を受賞する。1918年に第一次世界大戦が終わり、復員する。1920年にファニー・ヴォルメールと正式に結婚し、シモンソン画廊で油彩画の個展を開催する。1922年にニューヨークの画廊ベルメゾンで個展を開催する。1923年にアメリカ合衆国内の個展巡回のためフィラデルフィアへ移る。1932年にニューヨークのメトロポリタン画廊で油彩画の展覧会を開催し、以後数々の画像で個展を開催する。1944年のパリ解放とともに版画制作を再開する。

買取ポイント

ルイ・イカールの作風について
イカールといえば<女性>をモチーフにした絵画作品ではないでしょうか。
油絵と版画では雰囲気が異なり、油絵はパステルカラー中心で繊細な女性を描き、印象派のような雰囲気です。しかしながら版画作品は女性を題材にしていますが、色数が抑えられておりシックな印象です。多くの版画作品が、銅版画の技法を使い制作されている事が大きな理由でしょう。技法により作風が異なる表現豊かな作家になります。

買取価格に関しては<女性と犬>が高額査定のポイントです。油絵と版画に共通する部分ですが、女性と犬が描かれていると高価買取しやすいです。
日本国内で流通しているのは、主に油絵と版画となります。順に見ていきましょう。

@ 油絵
キャンバス又はボードに油絵の具で描かれた作品で、モノによっては100年以上経過しています。過去に出合った作品は何かしらのダメージが出ていますので、致命的なダメージ以外はそこまで評価額は下がりません。多少の痛みは許容範囲名です。
アール・デコの時代に生きた作家らしく華やかな作風が高い評価を得ています。買取査定額は50万〜100万円前後になることが多いです。
現在、所定鑑定人はいませんので現物を見て判断させていただきます。

A 版画
エッチングで制作されている作品が殆どです。油絵と異なりエッチングの特性を生かしたシャープな表現様式で女性の妖艶さを引き出しています。画面の多くを黒と白で構成された作品もありイカールの二面性に驚かされます。
通常の版画作品と異なり、限定部数が記載されている事は少ないです。直筆の鉛筆サインのみとなります。たまにサインが鉛筆ではなく印刷されている作品がありますので、注意が必要です。ポスターとしての扱いになりますので、値段が付きません。
買取査定額は基本的に5万円以下の作品が多く、一部の人気作品だけ10万〜15万円前後の金額が付きます。
油絵作品と同様にダメージが出ているものが多いですが、版画に関しては若干厳しく判断し評価額に反映していきます。


版画の買取について詳しくみる

ルイ・イカールの作品

狩猟II

■狩猟II(1930年)
エッチングで摺られた作品で、原画作品とは異なり知的な印象を受けます。買取査定額は10万〜15万円前後となります。

リリー

■リリー(1934年)
黒い背景に白いドレスが映えます。買取査定額は5万〜10万円前後となります。

スピードII-SpeedII

■スピードII-SpeedII(1927年)
躍動感があるイカールの人気作品です。買取査定額は5万〜10万円前後となります。

青いシンフォニー

■青いシンフォニー(1936年)
爽やかなブルーが特徴的です。買取金額は5万〜7万円です。

オーキッド

■オーキッド(1937年)
妖艶な雰囲気が漂うイカールらしい作品です。買取金額は7万〜8万円です。

恋の華

■恋の華(1937年)
現代でも通用するような近代的な構図です。買取金額は4万〜6万円です。

カルメン 1927

■カルメン(1927年)

椿姫

■椿姫(版画)

チャーム オブ モンマルトル

■チャーム オブ モンマルトル(版画)

PageTop