トレンツ・リャド|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

版画作家 トレンツ・リャド

リャド

1964年〜1993年 物故作家。
スペイン・バダローナ生まれ。1955年にバルセロナのアカデミア・バルスで絵を描き始める。1961年からサン・ホルヘ高等学校で絵画を学ぶ。アミゴ・クージャス・ファウンデーションより奨学金を受ける。1965年には、課程終了を待たず19歳で助教授に任命される。1968年にマジョルカ島にアトリエを設置する。1969年に高等学校の仲間とデッサンと絵画の学校アルテストゥディオを設立する。1971年にはマジョルカ島で最初の展覧会を開催する。1974年にマドリッドで全国的な展覧会を開催する。スペイン、パリ、ロンドンなどから肖像画の注文を受け始める。秋にコペンハーゲンを訪れ、王室の著名な人々の肖像画を描く。1977年には絵画学校<地中海自由学校>を創立する。1986年にテキサスの名誉市民に選ばれる。1990年に日本で初の個展を開催する。初のシルクスクリーン作品を発表する。スペイン“セビリア・フィエスタ”の公式ポスター制作など様々な分野で活躍するが、1993年に47歳の若さで急逝する。没後の1995年にはマジョルカ島の一角に『J.トレンツ-リャド通り』と名付ける。

買取ポイント

トレンツ・リャドといえば、<睡蓮や花>を題材にした絵画作品ではないでしょうか。
生前はスペインが生んだ巨匠・ベラスケスの再来か?と言われるほど注目されていた作家でした。1990年のセンセーショナルな日本デビューを果たしてからの活躍は周知のとおりです。急逝するまでの僅か3年間で日本のアート市場に与えた影響力は多大で、死後も版画作品(遺族の監修のもと)が制作され、約80枚あるとされています。
四方を色で塗りつぶして中央に睡蓮や花を描いている構図が代表的な作風といえます。大胆な構図で光と風を映し出した作品は今でも人気があります。他にも人物画作品も残しています。買取価格は代表的な構図が最も高価買取しやすいですが、リャドの生前作品かどうかが1つのポイントになります。1993年の没後も遺族の監修のもと版画作品が制作されています。生前作は20点強と少なく、『ジヴェルニーのばら』、『ロルカの詩』などが生前の代表作とされています。遺族監修の作品でも構図によって評価が変わりますので、お気軽にご相談ください。

買取の注意点
版画は保存状態によりシミや退色などのダメージがでる場合があります。状態により評価が変わりますので、現物確認後に最終的な判断をさせていただきます。リャドの版画作品の多くはシルクスクリーンという技法で作られています。このシルクスクリーンで作られた作品は基本的に修復が出来ませんので、シミやカビが出ていると買取価格は大きく下落します。またシルクスクリーンの性質上、画面が厚塗りですのでワレのダメージが出る可能性があります。油絵とは異なりシルクスクリーン版画にとってのワレは致命的なダメージになりますので著しく評価が下がります。
油絵作品に関しては<J・トレンツ・リャド財団>の鑑定書が必要となりますが査定後に取得可能です。版画作品に関しては版画集がありますので、それをもとに色合いやサイズ等を確認します。お気軽にご相談ください。


版画の買取について詳しくみる

トレンツ・リャドの作品

ロルカの詩

■ロルカの詩(本人サイン)
1993年のセリグラフで制作された作品です。最晩年の作品で高い評価を得ています。買取査定額は10万〜20万円前後となります。

作品名

■フローレス(本人サイン)
1992年のセリグラフで制作された作品です。希少な生前作で、買取査定額は10万〜15万円前後となります。

カネットの階段

■カネットの階段(遺族サイン)
1997年にセリグラフで制作された作品です。没後に作られた版画ですが、クオリティが高いので買取査定額は5万〜7万円前後となります。

PageTop