絵画・美術品買取専門店の株式会社獏 株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

BLOG

2019年12月05日 [版画 買取]

私の好きな日本画家は<東山魁夷>、版画には2つの種類あり!代表作は道!

白馬

王道でありきたりな答えかもしれませんが、多くのコレクターを引き付けるように僕も引き付けられました。
美術品買取専門店 獏 の小林です。社名の通り美術品を専門で買取をするサービスを行っております。
コマーシャルギャラリー(展示即売している一般的な画廊)のように作家さんと直接接することは殆どなく、基本的にセカンダリーマーケットと呼ばれる二次流通の場で作品を取り扱っています。
なので、作家の人柄で好きになる訳ではなく、純粋に作品で判断します。当然ですが、好きじゃないから買取金額が下がることは一切ありませんのでご安心ください。各作家の相場に応じて高価買取を心掛けております!
東山魁夷 道
お客様からの買取で様々な作品と出会う中、日本画家で好きなのは<東山魁夷>だと言えるようになりました。
平山郁夫、上村松園、奥田元宋、中島千波、加山又造、片岡球子・・・と素晴らしい作家はたくさんいますが、どこか惹かれてしまいました。東山魁夷の出世作である<道>は好きな人が多いのではないでしょうか。
個人的には自然の風景よりも人工物(歴史的建造物等)の方が好きですが、東山魁夷が描く風景はどこか見たことあるような懐かしさを覚え、心の中でとどまり続けます。

東山魁夷は日本画画壇でも確固たる地位を確立しております。
その為、日本画等の原画のみならず版画作品も作品によっては当時の販売価格以上に取引されているケースも見受けられます。
先生の作品を買取業者の立場から見ていきたいと思います。

まず、最も評価が高いのは当然ながら日本画になります。作品の号数やモチーフ・題材によって金額は異なりますが、間違いなく一番です。
※現在、東山魁夷の原画作品は東京美術俱楽部で要鑑定となります

次に評価が高いのは水彩・デッサン等になりますが、有名作家の為、これが作品なのかなと疑問がでるような下書きの様なものも多く出回っております。そういった作品に比べると人気がある版画作品の方が、買取金額が高いケースもあります。例えば代表作の<道>は日本画以外にもリトグラフや工芸など制作されています。<道>の版画は非常に高い金額で流通しており、描き込みが弱いデッサンよりも高いです。
このように必ずしも直筆だからと言って版画より価値があるとは限りませんので注意が必要です。これはすべての作家に言えます。

本題ですが、東山魁夷作品の版画には1つ注意点があります。


先生が生前作成したオリジナル版画と没後に<東山すみ>監修の元制作された新復刻画の2種類が存在します。作品の種類が最も大事ですが、オリジナルかどうかも査定基準として重要です。なぜ見極める必要があるかというと、新復刻画はオリジナル作品を基に制作されている事が多いためです。なので、同一タイトルでも査定金額に3〜4倍の差が出てくるケースもあります。

ちなみに、山種美術館で見た<年暮る>の直筆は感動しました。先生の作品でも最も好きです。
常設で見れるわけではありませんので、調べてから行くのがおススメです。
年暮る
<東山魁夷>の整理・処分をお考えの方。
美術品を相続・遺贈で取得したけど、整理・処分をお考えの方。

東京都大田区で美術品の買取を行っている美術品買取専門店 獏へお任せください。


PageTop