東京都大田区の美術品買取専門店ブログ | 美術品買取専門店なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

BLOG

2020年07月15日 [版画 買取]

シート(版画作品)の買取について|額装されていない作品の評価

シート

★はじめに
市場に出回っている絵画作品の多くは額装された状態、言い換えれば額に入っている状態です。額は視覚的のみならず、作品の保護という観点でも重要です。美術館などでは額装せずに飾られている作品も見掛けますが、それは非常に大きなサイズだったり重かったりと、構造上の問題故でしょう。

多くはありませんが、市場に出回っている作品にも額装されていないモノがあります。
このブログでは版画というジャンルに焦点を当てて、[額装されていない作品が流通するのはどのようなケースなのか]、[額装無し・シート単独の状態では買取価格にどのような影響が出るのか]を紹介させていただきます。


★額装されていない状態=シート単独の状態

まずは基本用語のご説明から。
【シート】とは、作品が額装されていない[紙]の状態を指します。ジャンルとしては主に水彩や版画がこれにあたります。額装されていない=シート単独の状態とご理解ください。

ちなみに、絵画のジャンルによって描く素材は異なります。紙以外は額装されていない状態でもシートとは呼びません。
・水彩・版画 → 紙
・油絵    → キャンパス・板
・日本画   → ボード


★なぜ額装されていない作品が流通するのか
考えられる主なケースは大きく分けて2つ、
[プライマリーマーケットでの購入]と[業者からの流出]でしょう。
(稀に額が破損したためシートの状態で保管している方もいらっしゃいます。)

まず、[プライマリーマーケットでの購入]について見ていきます。
プライマリーマーケットとは、作品の一次流通の場です。作家が新作を発表する場所であり、誰の手にも渡っていない作品が集まります。
(市場に流通している作品は、一度人の手に渡ったものが殆どです。特に既に亡くなった作家の作品を購入する場合は、基本的に誰かが手放したものでしょう。)

【現代美術】というジャンルに限ったことですが、プライマリーマーケットで販売される版画作品はシートの状態であることが多いです。代表的なモノに、表情付きの花で有名な【村上隆】の作品があります。
現代美術以外の洋画や日本画の版画作品はデパートや老舗画廊が管理している事が多いため、作品のイメージに合った額縁が予め用意されていることが殆どです。

もうひとつの理由、[業者からの流出]は、その文字の通り業者から作品が販売されるということです。ただ、通常の販売でなく、少しネガティブな販売です。

商売として版画作品を制作する際は、数十枚〜300枚程度をまとめて作成します。作品が完売すれば問題ありませんが、すべての作家のすべての作品が売り切れるとは限らず、在庫を抱え込むケースも少なからずあると聞きます。実際にあった例として、某有名ファインアーティストの作品を管理していた業者が倒産し、在庫を現金化する為大量の作品をシートの状態で販売したことがありました。
ギャラリーは作家の相場を安定させる役割も持ち合わせており、需要に対する作品の供給量を調整しています。しかしながら、何らかの理由で作家の価値が無くなってしまうと作品の供給量を調整する意味が無くなり、在庫処分の意味を兼ねて市場に流出してしまいます。


以上2つのパターンがシートの状態で版画作品が流通する主な要因だと思います。他にも細かく複雑な理由があるかもしれませんが、突き詰めると最終的に上記理由に落ち着くのではないでしょうか。


★シート単独の状態…買取時の評価(査定金額)は?
結論から書かせていただくと、額縁の有無は作品の評価に大きな影響を与えません。
昨今、絵画・美術品を[投資]として収集する人も多く存在します。特にそれは現代美術系のジャンルに顕著であり、作品を商品として扱っています。そのような方々は「鑑賞して楽しむ」のではく、株式のように価値が上がるのを待ち売却するといったマネーゲーム的扱い方をするため、額縁の必要性は低くシートのまま売買されています。

一方、鑑賞して楽しみたい方へ販売する作家・作品の場合は額縁の有無が重要となります。
ペラペラの紙の状態で鑑賞するのは作品保護の観点から現実的ではありません。
そのため、鑑賞目的での購入が多い作品の場合は[通常の査定額−額縁代]とさせていただく事が多いですが、最終的には作品の評価次第となるため、要相談です。


★まとめ
額縁無し・シート単独の状態は持ち運びや保管には便利ですが、鑑賞する際にはリスクしかありません。一部の投資的な作品以外はあくまでも鑑賞目的という前提で販売する為、額縁が無い場合はその分査定金額が低くなります。
現代美術というジャンルが活気付いている今、シート単独での流通も増えてくるのかもしれません。作品の購入時、販売時には少し気にしていただけると幸いです。

当社では額縁無し・シートのみの買取も行っております。売却ご検討の際は是非当社「美術品買取専門店『獏』」へご相談ください。


PageTop