ブログ 株式会社獏
  • 無料査定フォーム
  • LINE査定はこちら

BLOG

絵画を処分したい人必見!貰った絵や古い絵画作品を処分する方法3選

絵画処分
絵画は、お部屋の雰囲気をガラリと変える不思議な力をもった存在です。絵画の飾る方法や場所等を、少し工夫するだけでも印象は大きく変化します。

昨今では、絵画収集を趣味とする方は多く、「絵画のある暮らし」を楽しんでいる方も多いです。

しかし、絵画への興味・関心が時間とともに薄れ、ご自宅の絵画が不要になり処分方法に悩む方もいると思われます。特に、絵画はサイズが大きいものを多く、捨て方に迷う場合も多いはずです。

実は、絵画の処分方法は「捨てる」だけではありません。絵画の処分方法には、さまざまな選択肢があり場合によっては臨時収入が得られる可能性も高いです。

そこで、今回の記事では、絵画を処分したい方に向けて下記項目を徹底解説します。

・絵画を捨てるのはもったいない2つの理由
・絵画を処分する方法3選
・絵画を「ゴミ」として処分する方法2選
・趣味の絵画や無名作家が描いた絵画の処分方法

本記事を読めば、ご自宅の不要になった絵画の処分方法を理解できますので是非ご覧ください。

絵画を捨てるのはもったいない理由


絵画を捨てるのは、あまりに勿体無いです。今回は、絵画を捨てるのが勿体ない理由を2つご紹介します。

・捨てるのに費用がかかる
・絵画買取なら高価で売れる

捨てるのに費用がかかる


実は、絵画の捨て方には、費用が掛かる場合があり注意が必要です。絵画自体は、「燃えるゴミ」で処分できるので費用は発生しません。

しかし、下記の場合によっては「粗大ゴミ」として扱われ費用がかかる場合があります。

・絵画の大きさ(各自治体の基準や取り扱い方法を事前確認する必要有)
・額縁に使用されている素材

絵画をゴミとして処分するのは、費用・時間ともにかかるのであまりおすすめしません。

絵画買取なら高価で売れる


絵画の処分方法は、絵画買取業者への依頼が1番おすすめです。絵画買取業者に、不要な絵画の買取を依頼すれば高価で買い取ってもらえます。

絵画に関して専門的知識がない人物が、絵画を正しく判断・査定するのは非常に困難です。

しかし、絵画買取業者に依頼すれば、絵画に関して知識のある専門家が正確に判断してくれます。

実は、とんでもないお宝で思わぬ臨時収入が入ってくる可能性を否定できず、絵画絵画業者への依頼が1番確実でありおすすめです。

絵画を処分する方法3選



今回、絵画の処分方法としてご紹介するのは下記3選です。

・絵画買取
・寄贈する
・ゴミとして捨てる

絵画買取


絵画の処分方法で、絵画買取は1番おすすめです。

絵画買取業者に依頼すれば、専門知識をもった専門家が絵画を適切に判断します。絵画の処分が、無料どころか逆にお金を貰ってできるためかなりお得です。

絵画買取業者のなかには、お客様のご自宅まで出張できてくれるところもあります。その為、移動の交通費や余計な手間が一切掛からずとにかく手軽かつ気軽に利用可能です。

また、絵画買取業者によっては、無料で査定・見積書の作成を行っている業者も存在します。まずは、査定金額を判断するために無料で行う業者を探し選ぶのがおすすめです。

寄贈する


絵画の処分方法には、非営利団体や病院等に寄贈する方法も存在します。絵画を寄贈する際は、施設に事前お問い合わせが必須です。インターネット上で寄贈受付を行う施設も存在します。

しかし、絵画を寄贈する場合、自分で寄贈先を探す作業や郵送、やり取り等の手間がどうしてもかかります。その為、寄贈に対し拘りがない場合は絵画買取のご利用がおすすめです。

ゴミとして捨てる


最後の絵画処分方法は、「ゴミ」として捨てる方法です。ご自宅で、絵画と額縁をそれぞれ各自治体の取り扱い方法を元に処分します。

しかし、絵画をゴミとして処分する場合粗大ゴミ扱いになって時間や手間、費用がかかる場合があるのであまりおすすめしません。

絵画をゴミとして処分する方法


絵画ゴミ
絵画を、「ゴミ」として処分する方法は下記2つです。

・50p以上のものは粗大ごみ
・額縁は別の処分が必要

50cm以上のものは粗大ごみ


絵画をゴミとして処分する際、絵画自体は「燃えるゴミ」です。

しかし、絵画の処分は大きさによって変化します。絵画の大きさが50cm以上である場合は、基本粗大ゴミ扱いとなるため処分前の自治体への確認は必須です。

額縁は別の処分が必要


絵画の額縁は、別の処分が必要です。額縁の処分方法は、使用されている素材によって異なります。下記は、額縁の一般的な処分方法を素材別にまとめたものです。

・木製:燃えるゴミ
・ガラス製:燃えないゴミ
・プラスチック製:燃えるゴミ・燃えないゴミ
・金属製:資源ゴミ・燃えないゴミ

しかし、額縁の処分方法は各自治体によって変わる場合があるため、処分前の事前チェックが必須です。額縁の大きさによっては、絵画同様粗大ゴミとして扱われる場合もあります。

一見、額縁の処分方法が「捨てる」に限られているように見えますが、実は額縁も買取業者に依頼するのが可能です。実際、株式会社獏では額縁のみの買取実績がございます。

趣味の絵画や無名作家の絵画の場合はどうすればいい?


絵画処理
下記は、趣味の絵画を処分する場合主に考えられる方法です。

・ゴミとして捨てる
・施設に寄贈
・展覧会の実施
・フリーマーケットに出す

絵画買取業者のなかには、無名作家の絵画でも買い取ってくれる場合があります。無名作家の絵画でも、すぐに捨てるのではなくまずは絵画絵画業者にお問い合わせください。

絵画買取なら株式会社獏におまかせください。


今回の記事では、絵画の処分方法について徹底解説しました。

絵画をゴミとして処分するのは、とても勿体無いのです。絵画を処分する際は、絵画買取に依頼するのをおすすめします。

絵画の処分方法にお困りの際は、株式会社獏にお任せください。株式会社獏では、絵画・美術品に関して豊富な知識と情報を理解した専門家が作品1つ1つを丁寧に査定いたします。各作品によって適切な販路を有しているため、他店に負けない「高価買取」も十分実現可能です。

また、株式会社獏は、買取・査定方法ともに3つの方法を採用しています。豊富な選択肢をご用意しているため、お客様のご都合にあわせた選択が可能です。

買取方法:出張(無料)・店頭・宅配.郵送
査定方法:電話・メール・査定

また、株式会社獏では、基本即日現金払いです。お支払い方法に関しては、口座振り込みも可能で常にスピード感のあるご対応を心掛けております。

簡易見積書の作成は、無料です。簡易見積書発行後は、2週間以内が有効期間になっているため、ご自宅で悩まれる時間も十分確保できます。

関連記事

PageTop