片岡球子|版画買取なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

日本画家 片岡球子

片岡球子

1905年〜2008年 物故作家。
北海道生まれ。1923年に札幌高等女学校師範科を卒業し、女子美術専門学校(現・女子美術大学)日本画科高等科に入学する。卒業後、横浜市立大岡尋常小学校に教論として赴任する。1946年安田靫彦に師事する。横浜市立大岡小学校を依願退職後に女子美術大学日本画科専任講師となる。1966年愛知県立芸術大学の開校に合わせ、日本画科主任教授として迎えられる。このころから<面構><富士山>両シリーズの制作を開始する。数々の賞を受賞し、1989年には文化勲章作家となる。

買取ポイント

片岡球子の代表的なモチーフは?
片岡球子の代表作は【富士】を題材にした絵画作品です。
富士山を描く日本画家といえば?と質問すると横山大観か片岡球子の名前を出す人が多いのではないでしょうか。古典的な日本画と距離を置き、片岡球子の感性を濃く乗せた作風で唯一無二の存在です。
原色を多用している作品が多く、無秩序の様に見えてまとまりがあるバランス感覚がある作風が特徴です。近代日本画の王道から外れた作風でしたので好みが分かれるでしょうが、個人的にはお気に入りの作家のひとりです。

〜富士以外の人気作品〜
市場に出回っている作品の多くが<富士>をモチーフとしたものですが、1966年から生涯にわたって描かれたシリーズで題材には足利尊氏、豊臣秀吉、黒田官兵衛、雪舟、葛飾北斎、東洲斎写楽などがいます。好きなシリーズですが、市場ではなかなか見かけることがないので、いつか出会えたらなと思っています。
それ以外には静物などをモチーフとして描いている作品もあります。

作品の種類によって評価は変わるの?〜高価買取のポイント〜
冒頭で述べましたが、片岡球子の代表作は富士を描いた作品で、買取金額も高くなる傾向です。富士がシンプルに描かれている構図も良いですが、裾野に花や木々がダイナミックに描かれていると高価買取しやすいです。

また、日本画と版画(リトグラフやシルクスクリーン等)では大きく買取価格が異なるため、詳しく見ていきましょう。

@ 原画(日本画・油絵)
片岡球子は日本画というジャンルにとらわれず、新しい表現方法を模索していました。油絵にボンドを混ぜたような粘着質がある絵の具で描いた作品もあります。上で述べた通り、富士山の作品が最も評価が高く、富士の裾野に花などの描き込みが多いほど良いとされています。作品のクオリティにより金額には幅が出ますが、100万〜500万円前後の買取価格が多いです。
日本画などの原画作品は<東美鑑定評価機構鑑定委員会>の鑑定書が必要となります。鑑定書が無くても査定後にとれますので、お気軽にお問合せください。

A 版画(生前作)
買取価格は生前作の方が高いです。図柄に関しては代表作の富士山が最も高く、富士の麓に花が大きく描かれている作品と晩年の作品で見かける金箔・銀箔が入っている作品はさらに買取金額が高くなる傾向です。
買取価格は20万〜100万円前後と幅がありますので一度ご相談ください。
版画作品の注意点は退色(日焼けなので色が薄くなる現象)です。版に使われている色でも原色(特に赤色)は退色しやすく、版画集と見比べて色が薄くなっていると評価が下がります。退色の原因となる直射日光は要注意です。

B 版画(没後作)
片岡球子の没後に制作された版画です。印譜サインが特徴です。見た目は生前作と殆ど変わりませんが、買取価格は下がります。作品の希少性や作家が作品に関わる度合いを考慮するとやむを得ないですね。
15万〜25万円前後が査定額です。

C 工芸
人気作家ですと工芸作品が作られます。片岡球子もその1人ですが、換金性が乏しく数千円〜2万円前後の買取価格になります。

まとめ
片岡球子は長寿だったため、数多くの作品が残されました。また、人気がある作家だったので生前からたくさんの作品(日本画・版画・工芸など)が制作されたので、専門家が査定しないと正しい金額を導き出すのは困難です。
当社は絵画・美術品を専門に取り扱っているため、安心してご依頼ください。

売却の前に概算価格だけ知りたいも大歓迎です。【電話】、【LINE】、【メール】でお問い合わせを受け付けております。

版画の買取について詳しくみる

片岡球子の作品

めでたき富士 西湖の富士

■めでたき富士 西湖の富士(1992年)
片岡球子の版画作品でも最も高い作品の1つです。作品の大きさ、構図、色使い、言うことなしです。買取査定額は80万〜100万円前後となります。

富士に献花(ひまわり)

■富士に献花「ひまわり」(1997年)
90年代後半から2000年代の版画作品は金・銀・プラチナ箔が使われていることが多いです。買取価格は50万円です。箔ヤケなどのダメージに注意が必要です。

梅樹と子供

■梅樹と子供(1973年)
版画作品でも人物図は評価が低い傾向です。買取価格は10万円です。制作年代が古いので退色などのダメージが出やすいです。

松と富士

■松と富士(1985年)
大胆でシンプルな構図が印象的です。リトグラフで制作された版画作品で買取価格は20万円です。

西湖の赤富士

■西湖の赤富士(1990年)
作品のサイズも大きく迫力もあります。リトグラフで制作された版画作品で買取価格は40万円です。

銀色になった富士

■銀色になった富士「金.銀.紅.白 富士四題」より(1991年)
リトグラフとシルクスクリーンの併用で制作された版画作品です。単品ですと買取価格は25万ですが、4題揃っていると評価額は上がります。

富貴の牡丹

■富貴の牡丹(1991年)
リトグラフとシルクスクリーンの混合技法により制作された版画作品です。球子には珍しい富士が描かれていないです。買取金額は10万〜15万円前後です。

錦織りなす めでたき富士

■錦織りなす めでたき富士(1992年)
プラチナ箔を使用した煌びやか雰囲気がある作品です。買取金額は60万〜70万円前後です。

冨士 彩美版

■富士(彩美版)
復刻で制作された上質な工芸作品です。共同印刷で作られ、買取金額は2万〜3万円前後です。

大観山の青富士

■大観山の青富士(1990年)
リトグラフで制作された版画作品で、買取金額は20万〜25万円です。

めでたき御殿場の富士

■めでたき御殿場の富士(2015年)
没後に制作された復刻版画です。買取金額は15万〜20万円です。

富士の宮の赤富士

■富士の宮の赤富士(1989年)
リトグラフで制作された版画作品です。買取金額は20万〜25万円です。

春来る富士

■春来る富士 (1986年)

椿咲く富士 1978

■椿咲く富士 (1978年)

富士

■富士(没後)

PageTop