美術品買取の際の注意点|

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら
space

FAQ

美術品を買取してもらう際の注意点は?

亡くなった父は美術品が大好きで、生前は自分で使えるほぼすべてのお金を絵画や骨董品につぎ込んでいました。
私が中学生のときに家のリフォームをしましたが、その一番の目的は、美術品を状態よく保存できる専用の部屋をつくることで、工事を父任せにしていた母も、工事の途中までそのことを聞かされていなくて大喧嘩をしていて、最終的は父が必死になって謝っていたのを覚えています。
そんな父も昨年他界して、今も形見として実家の美術品の専用部屋には、私たちではよく価値の分からない品がたくさん眠っているのですが、父の三回忌も先日終了して、母も最近めっきり歳をとってきて心配なので、長男の責任として私が家族を連れて実家に戻り、母と一緒に暮らすことを決意しました。
子供が2人いて、部屋数も足りないので、専用部屋を使うために骨董品店などに買取に出そうと思うのですが、美術品を買取に出す際の注意点があれば教えてください。

answer

1日でも早く買取りに出しましょう

美術品の価値が良く分からなくて、今後も観賞用などとして利用する機会がない場合は、できるだけ早めに買取に出すことをおすすめします。
中には長く持っていることで価値が高まる作品もありますが、基本的に骨董品などの美術品は、入手してからできるだけ日が浅いうちに売ることで、価値を下げることなく買取してもらえることになります。
それに、これまでは美術品に詳しいお父様が、1つ1つの作品をしっかりメンテナンスをしながら保管していたと予測できますが、しっかりとした保管部屋があったとしても、何もしないで放置しておくと、どんどん状態は悪くなってしまい、作品の価値も下がってしまいます。
骨董品や絵画には、良く贋作もありますが、状態によっては本物よりも贋作の方が高く買取されるケースもあり、いかに管理の仕方が大切なのかが分かってもらえると思います。

PageTop