茶道具買取|美術品買取専門店なら東京都大田区の株式会社獏にお任せください。

株式会社獏
  • 簡易査定フォーム
  • LINE査定はこちら

茶道具買取

茶道具は千利休から派生した表千家・裏千家等が有名ですが、それ以前は栄西から始まったとされ、村田珠光・武野紹鴎などの歴史を経て現代にきました。
日本人としてのあり方や文化を学ぶ上で、茶道の歴史は参考になることがあり多くの人に知ってもらいたいと個人的には思っております。
共箱がなぜ生まれたか等興味深い内容がたくさんあります。
買取に関しましては、お稽古用から作家物まで流派を問わず茶道具全般行っております。
茶道具には共箱という作家の名前や作品の名称・種類が書かれた木で作られた箱に入っていることが多いです。
しかし、達筆のせいか作家名がわからない・書付が読めないなど困ることも多いです。
美術品を専門にやっていないと、読めません。
つまり価値を見出すことは難しいでしょう。
是非、当社のような専門家にお任せください。

茶道具

space

茶道具とは?

茶道で使用する道具の総称


茶道で使う道具を総称して茶道具と呼びます。茶道の本質としてはどのような道具を使っても成立するものですが、美術品という観点から見ると市場に出回っている作品で評価できるものは作家物が殆どでしょう。なぜ評価できるものは作家物のみかは茶道の歴史を見てみないと理解しにくいかと思いますので、簡単にまとめました。

茶道の歴史とは?

茶道は<人をもてなす方法>として生み出された行為です。茶道は禅との関係が深く臨済宗の開祖である栄西(1200〜1253)が中国(宋)から茶を持ち帰って広めたのが原点と言えるでしょう。なので、茶道と禅は非常に深い繋がりがありますが、話が長くなりますので割愛させていただきます。人をもてなす方法として、茶道の形式を生み出したのが能阿弥(1397〜1471)です。室町時代・足利将軍家の収蔵品管理を任されていました。能阿弥が将軍へ茶を差し上げる為に確立したとされています。その後、珠光(しゅこう・1423〜1502)という僧侶は地位が高い人ではない下々の茶を生み出し、後の茶道で大事な考え方である<侘び茶>が出来ました。武野紹鴎(たけのじょうおう・1502〜1555)という武器商人が大阪・堺で茶を広め、千利休(1522〜1591)に続きます。ここで茶道の大枠が作られたとされています。現在の茶道では数ある流派がありますが、すべての祖先が千利休に集約されます。その中でも千利休の直系血族で維持され発展してきたのが、表千家、裏千家、武者小路千家で三千家と呼ばれています。後述しますが、書付の殆どがこの三千家で占められています。

千利休は何をした?

炉の寸法を定める、躙り口を創始する、茶室を正方形にする等、<侘び寂>に通ずる改革をしてきましたが、美術品という観点から見て重要なことは、和物茶道具の使用でしょう。
利休以前は唐物が好まれて使われていました。唐物とは中国で作られた作品をいい、当時は極上品としてされていました。和物茶道具を使用することにより、唐物一辺倒であった茶の世界に一石を投じました。利休の改革があって初めて今日の茶道具があるといえ、冒頭での答えになります。
利休の和物志向で重要な存在が<黒楽茶碗>の創始です。唐物の天目茶碗はお湯を入れると熱くなりますが、和物茶碗は熱伝導率が低くお茶を飲むのに適していることに気が付きます。その為、抹茶が立てやすく、熱くならず、飲みやすい茶碗を目指し楽茶碗が開発されました。最初は土の赤色が出た赤楽茶碗でしたが、仏教的な精神性を象徴する黒が主流となりました。この楽茶碗を開発したのが楽長次郎で、これこそが千家十職の誕生につながります。

侘び寂とは?

茶道とは切っても切り離せない存在です。侘び寂という概念には明確な定義がなく非常に難しい考え方と言えますが、一言で表すのであれば<不完全の美>ではないでしょうか。一般的には美とは均衡がとれていて完成されたものに使われる言葉ですが、侘び寂の世界では完成されてない足りない物こそ美しさを感じないかと問いかけてきています。このような考えは茶道具にも反映されており、不均一な茶道具、茶入れの蓋に使われる象牙の傷、割れた道具を目立つ金色で修復する金継ぎ等に見受けられます。

書付とは?


茶道具に対しての、家元のお墨付きと言えます。
千利休から始まった数ある流派のうち、茶道人口の占める割合は表千家と裏千家となるでしょう。その中でも裏千家が茶道人口の多くを占め、その原因は教育現場では裏千家が採用されていた歴史が大きいかと思います。書付とは各家元が良い作品に対して認定するようなもので、通常共箱に記載されます。それがあるかないかでは買取金額が異なってきます。
また、家元でも流派によって評価が変わり、裏千家と表千家の家元は高い評価を得やすいです。

よく市場に出回っている書付

◆表千家は、十三代即中斎(そくちゅうさい)、十四代而妙斎(じゅみょうさい)。
◆裏千家は、十四代淡々斎(たんたんさい)、十五代鵬雲斎(ほううんさい)。

市場ではこの四人の書付をよく見かけ、安定した評価を得ています。書付の対象は千家十職や他の作家物だけではなく、無名の作品や唐物にも描かれていることがあります。
また、棗や炉縁などの漆が使われた作品は共箱だけではなく作品自体にも書付が入れられているケースもあります。

千家十職とは?


千家の好み道具を制作する職家十家と言います。1915年の松阪屋百貨店で職家の制作になる好み道具の展観がおこなわれたとき、はじめて「千家十職」の呼称が用いられ、以来、職家の通称として使われています。
その十職の人たちは、奥村吉兵衛(表具師)、黒田正玄(竹細工・柄杓師)、土田友湖(袋師)、永樂善五郎(土風炉・焼物師)、樂吉左衞門(茶碗師)、大西清右衛門(釜師)、飛来一閑(一閑張細工師)、中村宗哲(塗師)、中川淨益(金もの師)、駒澤利斎(指物師)の十人の職家です。また、職家の歴史を見ると、かつては十家に限られてはいませんでした。
茶の道具の基本・基準としての千利休の好みによる形や色が、「職家」の各家で守られ、それぞれの時代の創意工夫が加えられ、今日に伝えられています。これらのことが「千家十職」の核となり、現代でも重要な立ち位置にいる理由です。
代表的なのは樂吉左衛門の楽茶碗でしょう。

PageTop